MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Burials

AFI

『Burials』

Release Date : 2013-10-23
Label : ユニバーサル ミュージック

CD : ¥2,670 → ¥2,263
amazonTOWER RECORDSTOWERHMV icon

4年ぶりとなる9作目のアルバム。AFI史上最もロックだった前作『Crash Love』から一転、緻密なスタジオ・ワークを得意とするGil Norton(PIXIES、FOO FIGHTERS他)をプロデューサーに招き、陰影に富んだ奥行きあるサウンドを追求。同時に実体験を元に裏切り、傷心、精神の恐慌をテーマにしているせいか、前作では希薄だった彼ららしいダークさが戻ってきた。その中で、速さや重さといった変化を曲ごとにつけつつ、80年代の英国ニュー・ウェイヴの影響やインダストリアル・サウンドという新機軸にアプローチ。ハードコア・テクノなんて言いたい「Wild」のエグいシンセ使いにはちょっと驚かされる。ベイエリアのパンク・シーンからスタートして22年。新たな表現を求めつづける彼らの果敢な挑戦はまだまだ終わらない。 山口 智男