MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

KNOCK OUT MONKEY

2012.07.10UPDATE

2012年07月号掲載

KNOCK OUT MONKEY

メンバー:w-shun (Vo&Gt) 亜太 (Ba) ナオミチ (Dr) dEnkA (Gt&Cho)

インタビュアー:TETU★KID

-ニュー・ミニ・アルバム『0 → Future』リリース決定おめでとうございます。3月に全国流通の1stシングル『HOPE』をリリースされましたね。その後の周囲のリアクションなどいかがでしょうか?

w-shun(以下w):そうですね、明らかに変わったのはライヴでの反応ですね。CDをリリースして以降、しっかりと曲が認識されてイントロが始まった瞬間の"ワッ"という反応がちゃんと返ってくるんです。今回のアルバムはわりとやりたいことをやったんですけど、その中で一番意識したのはイントロでのインパクトなので、そういうリアクションは本当に嬉しいですね。

-なるほど。そういう一連のシングルのリリースに関するリアクションには満足していますか?それとも、もっとこういうリアクションが欲しかったなどはありますか?

亜太(以下 亜):次々と作品を出してもっと僕らの持っている曲を知って欲しいですね。そうすればもっとライヴでの相乗効果が生まれると思います。

-第1歩目としては大成功ですか?

w:そうですね。大成功だと思います。一番良かったと思うのは、満足している部分と課題である部分が半分ずつ見えたところですね。満足ばかりしているとモチベーションを保てないと思うので、今は良いバランスだと思います。さらに自分たちの課題に対して具体的な対処法が見えたのはよかったですね。

-magnifique Label presents "マニフィックナイト"でライヴを観たのですが、すごい盛り上がりでやっぱり「HOPE」が持つ曲の破壊力はすごいなと思いました。お客さんのリアクションも他の曲とは段違いでしたね。KNOCK OUT MONKEYはライヴ・バンドだなって再認識しました。ここ最近だとANDREW W.K.のライヴにサポート・アクトとして出演していますが、このライヴはいかがでしたか?

w:正直なところ、ここ最近のライヴの中では一番お客さんを掴みにくかったですね。改めてこういうライヴを経験して、勢いで行くだけじゃ駄目なんだと再認識させられました。この時期に経験させて貰えたのはすごく大きいと思います。今年出演したPUNKSPRING2012もそうですけど、そういう大規模なイベントに出演できて空気感を自分の肌で感じて、そこからお客さんの反応や状況に応じたMCや対バンに応じたセット・リストなどそういうイメージを具体的に描けるようになってきましたね。

dEnkA(以下d):これからもどんどん色んなライヴに挑戦したいですね。

w:自分たちの中での大きい壁が見えたというか、今はまだまだだからもっとやれること、もっと考えなきゃいけないことがたくさんあるなと思いました。そうやって切磋琢磨していくのが最前線で戦っていくってことなんだろうなって思います。

-すごく前向きですね。

ナオミチ(以下ナ):ライヴが終わった直後は結構なダメージで動けませんでしたよ(笑)。でもそのまま何も得ずに帰ったら意味がないので、こういうチャンスをもらえたのだったら最大限に吸収しないといけないなと思いました。ANDREW W.K.のライヴのサポート・アクトなんてそうそう出来ることじゃないですからね。

-わかりました。いよいよニュー・ミニ・アルバム『0 → FUTURE』がリリースされるわけですが、まずインパクトたっぷりなこのタイトルに込められた意味を教えてもらえますか?

w:"0"っていう生まれたての何もない状態から、やりたいことや目標が生まれて"Future"に進んでいくという意味が込められています。生まれてしまったら過去に戻ることはできないですよね?ということは未来しかない、前に進むしかないということだと思います。そういう意味が込められています。

-なるほど。

今回の作品に収録されている曲はバラエティに富んでいるんですよ。でもそれって、"こういう曲を作りたい"、"こういう曲をやりたい"っていう意欲がなければ生まれないものですよね?そういう気持ちに対してチャレンジして踏み出していった結果がこうやって1枚のアルバムになったんです。自分という人間はこうだって決め付けずにチャレンジしていけば何か目に見える形で返ってくるんじゃないかなと思っています。

-なるほど。

w:シングル『HOPE』は俺たちにとってとても大事な作品なんですよ。去年1年はリリースとかは全然出来ずにやってきて、そういう流れがある中で3月に『HOPE』をリリースするところまで漕ぎ着けたんです。去年から今年の『HOPE』リリースまでは自分のバンド人生の中でも怒涛でした。だから今回のミニ・アルバムの曲順を見てもらったらわかると思うんですが、最後に「HOPE」を持って来ているんですね。

d:昨年はまさに暗黒時代でしたね。

一同:(笑)

w:とにかく『HOPE』には半端ない想いが込もってるっていう(笑)。それが結果的にもっともっと自分たちの"Future"に繋がっていけばいいなという感じです。