MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

FEATURE

HER NAME IN BLOOD

2016.04.18UPDATE

2016年04月号掲載

野性の生々しさを武器に本物の凄味を聴かせるニューEP!!

ライター:増田 勇一

"猿でもできるナントカ"という謳い文句が世の中にはよくあるが、これは猿に対して失礼な言いぐさなんじゃないかと感じさせられることがある。そんなことを言う奴は人間がどのような進化の歴史を辿ってきたのかを忘れているんじゃないか、と。

HER NAME IN BLOODの新たなEPが完成した。題して『Evolution From Apes』、すなわち"類人猿からの進化"であり、ジャケットにはまさに猿が人間へと進化していく過程が、このバンドのフロントマンであるIkepyをモデルにしながら描かれている。まず、このアートワークひとつで受け手側のハートを鷲掴みにしてしまうところが彼ららしい。しかもこうして笑いのセンスを伴いながら図案化された"進化"というものが、実際の音源でしっかりと体現されているのだから見事というしかない。

今作に収録されている全5曲のうち、ギターのDaiki作の「LAST DAY」(Track.1)とMakoto(Ba)の提供による「DOWN」(Track.3)は初めて音源化された真新しい楽曲だが、他3曲は過去の楽曲の新録バージョンとなっている。しかも、「REVOLVER」(Track.2)にしろ「GASOLINES」(Track.4)や「HALO」(Track.5)にしろ、いずれももはや彼らのライヴには欠かせない必殺曲ばかり。要するにこの1枚で、最新曲をいち早く味わえるのみならず、このバンドを語るうえで欠かせないマスト・チューンたちを、よりグレードアップされた状態で堪能することができるのだ。

メンバーたちが今作の制作動機として認めているのは、シンプルに言えば"もっとリアルな認識を獲得したい"という願望だ。2007年に結成されたこのバンドは、それからの時間経過の中で確実に成長と向上を重ねてきたわけだが、メジャー第1作として昨年9月にリリースされたEP『BEAST MODE』の制作を通じて彼ら自身が自覚したのは、"ライヴそのままの自分たちの姿を音源化すること"の重要性だった。もちろんそれ以前の彼らの作品についても音そのものに嘘があったわけではないが、音源制作という場においては何よりも正確さを重んじようとするところが人間にはあるし、そこで無意識のうちに縮こまってしまうケースというのもある。しかしライヴにおける彼らは、まさに檻から飛び出してくるような迫力を常に持ち合わせてきた。そうした"ライヴの良さ=リアルな姿"をもっと音源にも反映させるべきではないか、という思考と試みの末に完成したのが『BEAST MODE』であり、そこで得た方法論に則って作られたのが今作というわけなのである。

だから実際、ライヴで耳慣れた旧楽曲3曲については、各曲が初めて音源化された当時よりもずっと今現在の彼らに近いものになっているし、ライヴにおける印象と温度差のないものになっている。しかもこうした再録音曲にありがちな、"原曲からいかに距離感のあるものにするか"といったことばかりに重きが置かれた仕上がりにはなっておらず、いずれの楽曲もまっすぐな進化と向上を感じさせてくれる。そして何よりも強調したいのは、そのように改めて磨き上げられた3つの武器に勝るとも劣らない威力を2曲の新曲が発揮しているという事実だ。「LAST DAY」にしろ「DOWN」にしろ、今後、間違いなく彼らにとっての新たな代表曲として認識されることになるだろう。

そうした意味において、この『Evolution From Apes』は、まさにHER NAME IN BLOODがいかなるバンドであるかを伝えてくれる、新たな名刺のような作品だといえる。そしてもうひとつ重要なのは、これはあくまで進化の途中過程であり、ここが着地点ではないということ。この作品を新たな足がかりとして、彼らはさらなる音楽的飛躍を遂げていくに違いない。

これまでフェスやイベントといった場で彼らのライヴ・パフォーマンスに触れ、そのインパクトに"一目惚れ"ならぬ"一耳惚れ"をしたという読者も多いはずだが、こうして新たに体現された5人の"今"の等身大の音は、一瞬のパンチ力の凄まじさばかりではなく、そこから聴き手をより深いところへと引きずり込んでいく力にも満ちている。

知力を伸ばし、よりクオリティの高い音像を作りあげることも進化なら、そのうえで人間本来の生々しさを武器にすることができるのも、獣たちならではの得意技といえるはず。ヒューマンの思考回路とビーストの野蛮さ、そして強力無比に鍛え上げられたバンド・サウンドを併せ持ったHER NAME IN BLOODの"今"に、ぜひまっすぐに向き合ってみてほしい。野性を捨てぬまま進化を遂げてきたバンドにしか形にすることのできない本物の凄味を、きっと体感できるはずだから。

 

HER NAME IN BLOOD
ニューEP
『Evolution From Apes』

amazon | TOWER RECORDS | HMV
2016.04.27 ON SALE!!
WPCL-12360 ¥1,389(税別)
[WARNER MUSIC JAPAN]
 
1. LAST DAY(新曲)
2. REVOLVER(New Recording Ver.)
3. DOWN(新曲)
4. GASOLINES(New Recording Ver.)
5. HALO(New Recording Ver.)

  • 1