MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MINAMI NiNE

2018.10.09UPDATE

2018年10月号掲載

MINAMI NiNE

メンバー:ヒロキ(Vo/Ba) ワラビノ(Gt/Cho) スケロク(Dr/Cho)

インタビュアー:山口 智男

-今回、新しいことに挑戦した曲はありますか?

ヒロキ:5曲目の「恋」は、かなりコーラスを重ねているんですけど、今までやってこなかった声の重ね方にチャレンジしました。結果、パンクのCDじゃ聴いたことがないようなコーラスになったので、ぜひみんなに聴いてほしいです、40本近く重ねているんですよ。ただのパンクでもないし、歌モノでもないし、"こんな感じのコーラスとパンクが合わさったら、こういうふうになるんだ"っていうのが表現できたというか、言ってしまえば、ゴスペラーズがパンクをやってるみたいな感じというか(笑)。

-常にそういうチャレンジは続けていきたいと?

ヒロキ:そうですね。今までは"パンク・ロック、メロディックってこうじゃないといけないっしょ"っていう中に自分がいて、"MINAMI NiNEってこういうふうに見られているから、こういうふうにやらないといけない"っていうのがありましたけど、そういうんじゃないなと思ったというか、みんなに聴いてもらいたいし、こんなことも表現したいし、こんなことも歌いたいしって。だったら、型とかジャンルとかに縛られずに自分たちがやりたいと思ったこと、気持ちいいと思うことをやりたいという感じなので、今後どんなことをやるかわからんっす。

スケロク:はははは! わからんって。

ヒロキ:そのときやりたいと思ったことや、いいなと思ったことをやってると思います。

-タイトル曲の「Links」はレゲエ、スカの要素が感じられますが、もともとの持ち味ですよね?

ヒロキ:今回入っているのは唯一この曲だけですけど、こういう曲はこれまでもやってきましたね。『LINKS』は繋がりとか、絆とか、縁とかをテーマにしているんですけど、EPのタイトルと同じ「Links」という曲には、今回言いたかったことが全部詰まっているので、最後に持ってきました。

-今回、繋がりをテーマにしたのは、どんな理由から?

ヒロキ:ずっとインディーズでやってきて、ツアーも精力的にやるという活動を続けてきたからこそ、他のバンドよりもいっぱい繋がりができたと思うんですよ。そういう人たちがいたから、今があるっていうのもありますし、今の事務所、レコード会社と繋がったのも縁だなと思うところがすごくあって。自分たちでバーンと売り込んで、"MINAMI NiNEと言います。良かったら一緒にやりませんか?"と言ったわけではなくて、いろいろな繋がりがあって、今回こういうことになったので、ほんと不思議だな、奇跡的だなって思うことばかりなんですよ。

スケロク:だからこそ遠回りした意味があるのかなって思います。

ヒロキ:この作品から始まる繋がりもあると思うし、今回のツアーで繋がる人もいっぱいいると思うし。バンドを続けていく限り、その繋がりが増えていったらいいなと思ってますね。

-今回、メジャー・デビューという目標は達成しました。最後に、これからの目標や夢を聞かせてください。

ワラビノ:今まで行ったことがない場所にも行けるんじゃないかって思ってます。もちろん自分たちが頑張らないと、そこには行けないんですけど、そこにさえ行ければもっといろいろな人たちに知ってもらえるし、今まで見てくれてた人たちも喜んでくれると思うんですよ。そうすれば、地元にいる家族や同級生も喜んでくれるんじゃないかな。どんなことをしていきたいのかみたいなのは、いっぱいあるんですけど......。例えば、フェスに出ることもそうだし、武道館に立ちたいっていうのもそうなんですけど、多くの人に知ってもらえるならなんでもやりたいですね。何ニヤニヤしてるの(笑)?

ヒロキ:いや、すべてをワラビノ君が言ってくれたと思って(笑)。

ワラビノ:そんなに言ってないけどね。肉づけしてよ。

ヒロキ:健康第一で楽しくやっていきたいです。ずっとやりたいよね。じいちゃんになるまでやってたら"レジェンド"って呼ばれるよね(笑)。こんな田舎者の俺たちがじいちゃんになるまでやってたら、誰でもできるってことだから。宮崎からもっともっとバンドが出てきてほしいです。

-"MINAMI NiNEに続け"と。

ヒロキ:ワラビノが3日で出てこられたんだから。

スケロク:どうにでもなる。俺たちは希望の星だよ、田舎の。

ヒロキ:はははは(笑)。自分で言いますか? それ(笑)。