MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

GRETA VAN FLEET

2018.10.15UPDATE

2018年10月号掲載

GRETA VAN FLEET

メンバー:Josh Kiszka(Vo) Jake Kiszka(Gt) Sam Kiszka(Ba) Danny Wagner(Dr)

インタビュアー:鈴木 美穂

僕たちの能力を最大限に使って、僕たちが地球を去るとき、世界がよりいい場所になっていたらいいなと思ってる


-みなさんは4人全員で作曲を行っていますが、このアルバムの作曲とレコーディングのプロセスはどのようなものでしたか?

Sam:プロセスは、毎回違ってたよ。レコーディングに入る前は、僕たちが過去3~4年の間にツアーをしながら書き溜めた曲を使うことになると思ってた。でもいざスタジオに入ったら、それらの曲は思ったほど素晴らしくない気がしたんだ。それでスタジオで、いくつか古い曲の一部を使いながら曲を書き始めて、新しい曲を築いていった。だからアルバムすべてが、まったく新しいプロジェクトになったんだ。そのアルバムを約1ヶ月脇に置いておいて、それから2週間以内に、すべての曲の作曲とほぼすべてのレコーディングを終えた。だから、僕たちがついにスタジオに入ったときには、エネルギーの爆発って感じだったんだよ。

Danny:僕たちが実際に制作を始めた瞬間に、このアルバムはそれ自体の命を持ち始めた感じだった。

Jake:たぶん、アルバムの50パーセントくらいは、レコーディングを始めてから書かれたものになったと思う。

Danny:アルバムの他の曲にインスパイアされてね。それってクールだよ。

Josh:素敵だったよ。僕たちは常に曲を書いてるから、作曲は終わりのないプロセスなんだけど、曲をレコーディングするときは、その瞬間に曲が形になって意味を成すんだ。すべての瞬間に、たくさんの生と死が存在してて、そのすべての瞬間は決して再創造できない。例えば今から5分後には、僕たちはまったく違う曲を書いてることになる。それがスタジオという環境で、ひとつずつ形になっていくんだ。スタジオでは、空間が隔離されてて、メロディも歌詞も、そのときにやってることを掘り下げることに集中してるんだ。だから、すごく素敵だよ。

-過去にリリースしたダブルEP(2017年11月リリースの『From The Fires』)も手掛けた3人のプロデューサーたち(Marlon Young、Herschel Boone、Al Sutton)を再び起用した理由は?

Josh:なんでかな、頭がおかしくなってたのかも(笑)。冗談だよ。

Jake:僕たちは、彼らと本当に強力な関係を築いてるんだよね。

Danny:ユニークな関係でもあるよね。

Jake:うん、ユニークだね。僕たちが彼らと一緒にスタジオに入ったのは、3年半くらい前のことなんだけど、他のプロデューサーとは違うものを感じた。Marlon YoungとHerschel BooneはKID ROCKの作品も手掛けてるんだけど、彼らとAl Suttonは、それぞれに違うものを提供してくれるんだ。そして彼らは、僕たちがスタジオ・ミュージシャンとして成長するのを助けてくれた。それで僕たちは、スタジオ・ミュージシャンがどんなものなのかを学べたんだ。だから、少なくともこのアルバムは、僕たちのダブルEPの制作を手伝ってくれた彼らともう一度一緒にやりたいと思ったんだよ。

-この3人とは友人だから一緒に仕事をしているのですか?

Josh:そうだよ。メンバー全員が、彼らと親しくなったんだ。それで僕たちの意見を直接はっきり言えるようになったよ。それがスタジオに入ることを、より良いものにしてくれた。僕たちの考えを楽に言えたからね。

Danny:僕のスタジオの知識は、100パーセントこの3人から学んだものだよ。それって大事なことだと思う。

Josh:彼らは優秀なチームなんだ。

-「When The Curtain Falls」は、どのようにして生まれた曲ですか?

Danny:この曲はかなり多くの段階を踏んだよ。

Jake:そうだね。そして他の曲と同様に、最終的に曲の個性を発見したと思う。最初はリフから始まったんだ。1年半ほど前に、家のガレージにいてリハーサルをしてるときに、この曲の最初のコンセプトが出てきたんだ。その最中に、"これは曲にするべきだ"って決めて、全員が一緒になって、その日のうちにアレンジを完成させた。そこから曲が成長していった感じ。この曲も、ロックンロールに対する歌になってて、まさにロックンロール・タイプの曲だよ。

-"平和、愛、そして調和"はバンドのInstagramのプロフィールにも書かれているメッセージですが、これがみなさんにとってのバンドとしての哲学で、今作を通してリスナーに伝えたいことですか?

Josh:ある意味、そうだよ。僕たちは全員が繋がっていて、そこには人間の物語があって、人類の歴史から学ぶことがあるっていう。そうすることによって、僕たちが生きる世界の中に平和を見いだそうっていうことなんだよ。過去の出来事から知恵を得ることを試みて、それを未来に運んで行くっていうことなんだ。そして願わくば、僕たちの能力を最大限に使って、僕たちが地球を去るとき、世界がよりいい場所になっていたらいいなと思ってる。ネイティヴ・アメリカンの偉大な名言があるんだけど、"我々は我々の先祖から地球を受け継ぐのではなく、我々の子孫から借りているのだ"っていう。僕は、それをこのメッセージの一部として捉えてるんだ。

-最後に、日本のファンへのメッセージをお願いします。

Sam:みんなの素敵な顔を見れるのが楽しみで堪らないよ!

Josh:うん、日本に行くのをすごく楽しみにしてる。

Danny:すっごく興奮してるよ。

Jake:僕たちは日本に行く機会を、ずっと待ち望んでいたんだ。日本はとても美しい場所だって聞いてるから、すごく楽しみだよ。

-日本について何か知っていることはありますか?

Josh:これからいろいろリサーチするよ。

Jake:日本については、学校で少し学んだよ。僕たちは、京都にすごく行ってみたいんだ。

Josh:日本を探検するのがすごく楽しみだよ。