MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

首振りDolls

2018.04.18UPDATE

2018年04月号掲載

首振りDolls

メンバー:nao(Dr/Vo) Johnny Diamond(Gt/Vo) John(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

"めんたいロック"のDNAを受け継ぐ、北九州発の3ピース・バンド、首振りDollsがメジャー・デビュー・アルバム『真夜中の徘徊者~ミッドナイトランブラー』を完成させた。毒々しくも衝動に満ち溢れたロックを叩きつけ、一度聴いたら耳から離れない中毒的なサウンドを振り撒く彼ら。THE SLUT BANKSの戸城憲夫氏をプロデュースに招いた今作は、バンドの魅力を存分に知らしめる最高の作品に仕上がっている。今回は本誌初登場ということもあり、バンドの成り立ちから今作のでき映えについてメンバー3人に話を訊いた。

-今作は素晴らしかったです! バンド的にも手応えはあるんじゃないですか?

nao:そうなんですよ。戸城さん(THE SLUT BANKSの戸城憲夫/Ba)の力もあり、アレンジも手伝ってもらえたし、キーボードでDIEさんに参加してもらい、世界観も広がったのでスケール感も大きくなりましたからね。

-作品の内容は追ってうかがうとして、まずは首振りDollsの成り立ちから教えてもらえますか?

nao:Johnnyとスタッフの川ちゃん、私とJohnが一緒にそれぞれバンドをやってたんですよ。その2バンドが解散しかけのころに対バンして、後日Johnnyから電話がかかってきて、一緒にバンドをやろうよと誘われました。最初は4人で私は歌ってなかったんですよ。

Johnny:ドラムで誘ったんだけど、naoは歌がうまいから、いつの間にかヴォーカルになっちゃって。

-Johnnyさんがやっていたパンクとは?(※紙資料を見ながら)

Johnny:RAMONESスタイルのストレートなパンク・ロックです。(当時やっていたバンドの)代表曲が「肉便器」やったんですけど、めちゃくちゃラヴ・ソングなんですよ。

nao:はははは(笑)、どんなラヴ・ソングやねん(笑)!

Johnny:"大好きな女の子が肉便器にされた"というサビで......。

-はははは(笑)、攻めてますね。naoさんのバンドはどんな音楽性で?

nao:"めんたいロック"(※1970年代から1980年代にかけて福岡市中心に起こったロック・ムーヴメント)に則った感じで、ギターはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのアベフトシさんが好きで、ミッシェル(THEE MICHELLE GUN ELEPHANT)寄りの音楽でした。ミッシェルもTHE ROOSTERSの影響を受けてますからね。

-4人で合わせたときは現在の音楽性に近かった?

nao:最初はポップで優しい感じでした。私が書くドロドロした激しいものと、Johnnyが書くポップな曲があるから、バランスは取れているんじゃないかなって。歌詞はドロッとした女の怨念があるけど、音は私のガレージっぽさにふたりのハード・ロック要素が入るのが面白いと思いました。


女には歌えない"女"を歌っている


-話は逸れますが、naoさんは自分のことを"私"と言いますよね? それが気になって(笑)。

nao:"オネエ言葉"ってすごく便利なんですよ。注意するときや文句を言いたいときもオネエ言葉を使うと、角が立たないから。子供のころからその言葉の魔力に惹かれて、日頃からオネエ言葉で喋るようになりました。恋愛対象が男性とかではなくて、超女好きなんですけど......女言葉っていいなって。だから、歌詞を書くときも自然と女目線だったり、男目線だったりするんですよ。あと、先輩と一緒のときは女(言葉)になりがちです(笑)。

-それはなぜですか?

nao:便利だから。先輩に対してオネエ言葉でツッコむと、距離を縮めやすくて、そういうずる賢いことをやってます(笑)。昭和歌謡も好きで、女目線の歌詞もいいなと思って。どちらもできるのは首振り(首振りDolls)の強みかなと。女が歌うと生々しすぎるものでも、男の私が歌うから、すんなり受け入れられることもあるだろうし。女には歌えない"女"を歌っていると思います。

-音楽的にはどのへんに影響を受けているんですか?

nao:私は最初にTHE STALINを聴いてて、でも、このふたりが入ることで音に広がりが出たのかな。

Johnny:もともとクラシック・ロックが好きで。THE BEATLES、THE ROLLING STONESから始まり、それからハード・ロックを好きになりました。Ozzy Osbourneもソロではなく、BLACK SABBATH派です。Tony Iommi(Gt)が好きですね。特に好きなのはKISS、AC/DC、あとHANOI ROCKSとかグラムチックなものも好きで、Alice Cooperも大好きです。

-へぇー! 素晴らしいですね。

Johnny:TWISTED SISTERを聴いたときは宝物を発見したような気持ちになって。

-ただ、当時だと周りの友達とは確実に話は合わないですよね?

Johnny:ひとりだけわかってくれる奴がいました。そいつがパンク寄りでそいつにMC5とか教えてもらって。

-音楽の趣味は完全に40~50代ですね(笑)。

Johnny:でも最高じゃないですか? あの時代がロックのひとつの完成形だなって。あれ以上に派手にやることは無理じゃね? と思うし、未だに夢を抱きますね。すべてにおいて現実離れしているし、エンターテイメントとしてひとつの究極形やなって。