MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

首振りDolls

2019.05.20UPDATE

2019年05月号掲載

首振りDolls

メンバー:ナオ(Dr/Vo) ジョニー・ダイアモンド(Gt/Vo) ショーン・ホラーショー(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

めんたいロックの聖地、北九州は小倉発の首振りDolls。彼らはメジャー・デビューを果たしたものの、昨年末にメンバー交代があり、今回新たにショーン・ホラーショーを迎え、新体制初のニュー・アルバム『アリス』を早くも完成! 今作の、転んでもただでは起きないどころか、よりパワーアップを遂げた姿に驚きを禁じ得ない。昭和歌謡、ガレージ・ロック、パンク、ハード・ロックに加え、ファンキーな躍動感を備えた楽曲群は、"ニュー首振りDolls"と呼んでもいいサウンドを手に入れている。今作に辿り着くまでの経緯を含めて、メンバー3人に話を訊いた。

-今作も素晴らしいアルバムができましたね。新体制による第1弾作になりますけど、バンド的に不安はなかったですか?

ナオ:メンバーが替わって最初にスタジオに入った瞬間から何も心配はなかったですね。音を出した瞬間に手応えもあったし、"これなら大丈夫だ!"って。メンバーの結束も強いので、今はとてもいい状態なんですよ。

-その言葉を聞いて安心しました。ナオさんはどのへんに手応えを感じました?

ナオ:スタジオで音を合わせたときに、ジョニーが信じられないくらいの爆音をギターで出したんです。そしたらショーン君も負けじと爆音を鳴らして、3ピース・バンドの爆発力みたいなものを感じました。今までと違うグルーヴも出ていたし、ノリが変わったというか。

-ノリが変わったというのは具体的に言うと?

ナオ:前メンバーのジョンのベースは、正確でクリック通りを好むタイプだったんです。今までは縦のグルーヴだったけど、ショーン君は歌やドラムに合わせてくれるので横ノリも加わったから、自分がより好きなロックに近づいたのかなと感じました。例えばBLANKEY JET CITYもそうですけど、ドラムが自由なバンドが好きで、この3人だとそういうこともできるかなと思ったんです。

-3ピースの塊感が強くなり、表現できる幅も広がったと。最高じゃないですか。

ナオ:そうなんですよ! ベースも腹にくる音色なので、お客さんを腰から揺らすこともできますから、今が一番いい形ですね。

ジョニー:メンバーがひとり替わっただけで別バンドぐらいの感覚はありますね。新しいバンドのような気持ちで始めました。音を出すのも新鮮だし、今はそれを楽しんでます。今回は初期衝動みたいなものが出ているんじゃないかと思いますね。

ショーン:ふたりも言ったように、一発目に音を出したときから全員笑顔で"キター!"って感じがありました。具体的にはうまく言えないけど、テンションがすごく上がるというか、これはイケるなって。

ジョニー:最初にわざと爆音で鳴らしたんですよ。で、ショーンから"うるせぇ!"と言われるかなと思ったら、何も言わずに爆音で返してきたから、これはイケるぞって。なので、爆音バンドになりました(笑)。

ナオ:最初のスタジオに戸城(THE SLUT BANKSの戸城憲夫/Ba)さんもいたんですけど、ショーン君のベース・プレイはスラップを使うので、最初"首振り(首振りDolls)にスラップはいらねぇんだよ"と言っていたにもかかわらず、いざスタジオで音を聴くと、"もっとやっちゃえよ!"って言い出して(笑)。

ジョニー:大喜びしてましたからね。

-戸城さんも納得せざるを得なかったと。バンド的にはメンバー脱退後、ショーンさんが加入するまでとても早かったですよね。やはり、ここで歩みを止めたくないという気持ちが強かった?

ナオ:そうですね。ジョンが抜けるとなったときになんとかしなきゃいけないなと思って、そのとき真っ先にショーン君のことが頭に浮かんで、連絡したらふたつ返事でOKを貰えたんですよ。実質メンバー探しをせずに次のステップに進むことができた。ショーン君の加入からレコーディングまで1ヶ月ぐらいしか経ってませんからね。

-それもすごいですね。ただ、ショーンさんは大変ではなかったですか?

ショーン:でも楽しかったから、初期衝動でなんでもやれました。全然大変じゃなかったです。

-もともとショーンさんは、以前のバンドで首振りDollsと対バンするなど繋がりはあったんですよね。ショーンさんが以前にやっていたバンドはどんな音楽性だったんですか?

ショーン:ミクスチャーですね。RADWIMPSを激しくしたような感じで、本当にいろいろ混ぜてました。楽器隊はRED HOT CHILI PEPPERS、Dragon Ash、RIZEが好きで、そこにしっかりした歌があるという。

-ショーンさん自身が受けた音楽的影響というと?

ショーン:ファンク・バンドには影響を受けてますね。プレイヤーで言うとBootsy Collins、Larry Graham(GRAHAM CENTRAL STATION/ex-SLY & THE FAMILY STONE/Vo/Ba)、あとはLes Claypool(PRIMUS/Vo/Ba)が好きです。

-首振りDollsの音楽にはどんな印象を持ってました?

ショーン:昔から好きでした。聴きやすいし、日本っぽさもあるし、ライヴ・パフォーマンスもすごく良かったですから。

ナオ:今の首振りDollsはこれまでの中で一番3ピース・バンドっぽいと思いますね。音以外でもしっかりコミュニケーションが取れてますから。

-人間的な相性もいいと?

ナオ:ショーン君は東京に住んでいるので、小倉に来たときは私の部屋で生活しているんですけど、ノーストレスですからね(笑)。

-そして、首振りDollsとして昨年メジャー・デビューを果たし、それからMUCC、SEX MACHINEGUNS、ミオヤマザキ、Mary's Bloodなどと対バンする機会も増えましたが、そこでまた新たな刺激はありました?

ナオ:刺激しかない方々と対バンして......すごい方たちを観ると、パフォーマンスも勉強になるけど、お客さんの歓声も大きいのでジェラシーを抱くというか。規模の大きいバンドと対バンすると、自分たちのケツを叩かれますね。Mary's Bloodとの対バンもすごく良かったんですよ。演奏が上手すぎて何も参考にはならなかったけど(笑)。ただ、お客さんとの相性は良かったですね。男性客が多かったけど、その野太い声援は首振りDollsのときにも聞かせてくれましたからね。

ジョニー:どのバンドも個性的で勉強になる反面、絶対にマネできないところを持っているから、自分たちもそういう武器を持たなきゃいけないなと。あと、みなさん人間的にも素晴しかったですね。

ショーン:上手いのは当たり前で、みんな懐が深いんですよね。特にSEX MACHINEGUNSさんと一緒にツアーを回ったときは、この人たちは優しいなって。

ナオ:SEX MACHINEGUNSはガキの頃から聴いているので勝手にビビっていたけど、年々優しく接していただけますね(笑)。