MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

UVERworld

2017.07.11UPDATE

2017年07月号掲載

UVERworld

メンバー:TAKUYA∞(Vo) 真太郎(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-その、やりたいことをやって自分たちで楽しんでということでは、TAKUYA∞さんと信人(Ba)さんがディスり合うラップ曲「DIS is TEKI」(Track.3)がそうですね。

TAKUYA∞:まさにそういうことですよね。これは、ものすごく無駄なことに時間をかけました。

真太郎:何がすごいって、これライヴでもやりますからね。対バンとか、横浜アリーナでやるようなイベントとか。全然UVERworldのことを知らない人の前でもやりますから(笑)。

-お客さんを置いていっちゃっても大丈夫と。

TAKUYA∞:置いていくつもりはないんですよ、みんなついてこいって思いながらやってますけどね(笑)。この人ちょっとヘンって思われた方が、印象に残ると思うんです。このシングルも、"銀魂"ファンの中には、この曲が入ってるから買うという人もいると思うんですよ。その中で、3曲目で何をしようかなというときに、いわゆる「DECIDED」みたいな自分たちがかっこいいと思える曲を入れるより、ちょっと正気を失ったような曲を入れた方がいい気がしたんですよね(笑)。その方が、俺らだとわかってもらえそうな気がしたし。自分たちの世界で音楽を楽しんでいるっていうのが、伝わればいいなと思って──後づけですけどね。実際は"これ、入れとけ!"っていう(笑)。

-ちゃんとドラマがあって、凝った曲ですよね。

TAKUYA∞:本当に無駄な時間がそこで消費されていきましたね。一瞬で作ったんですよ。北海道に曲作りのための合宿に行っているんですけど、その合宿中に、"新しい曲できた"って、真面目な顔してこの曲をみんなに聴かせて。最初はもっと言えへんこと言ってましたけどね。

-収録されている以上にピー音が入るような。

TAKUYA∞:ピーしかないくらいの。それ面白いなって、遊びから発展していったものなんですけど、最終的にトラックはめちゃくちゃかっこいい方がいいよなっていう話になって、そこからこだわりだして。

-後半はバンド・サウンドになって、グッとかっこよさが増しますね。

真太郎:もとはずっとループのバージョンだったんです。今回は、途中から新たなアレンジを加えて、ビート感も変わって勢いも乗せつつで。景色もガラッと変わっていいんじゃないかなと。ライヴでやることが結構多かった曲なんですよ。初めてやったのが、ヒップホップの人と対バンしたときで(笑)。そのDJの人は初対面だったんですけど、翌日、喋る時間があって。空港に行くタクシーにふたりきりで乗っていたとき、"昨日のあの曲にびっくりして"って、えらいベタ褒めで。"ロック・バンドだと思ってたけど、あれはもうガチガチのヒップホップだね"って(笑)。

TAKUYA∞:前にAK-69と対バンしたときに、AK-69バージョンを作ったんですよ。

-応用が利きますね(笑)。

TAKUYA∞:これから対バンした奴をどんどん巻き込んで、事故起こしたろうかなって思ってます(笑)。

-3曲ですが、幅広いシングルで1枚の作品としても手応えがあるのでは。

TAKUYA∞:このあとすぐにアルバムのリリースも控えてますからね。アルバムの話になっちゃうんですけど、CDって79分58秒しか入らないんですよ。今、入れたいなと思う楽曲が20曲あって、それが合計90分くらいあるんです。それでどうしようかとなったときに、このシングルを映画が始まったころにリリースしようという話になったので、じゃあアルバムに入らなかった曲をシングルに、というのもあって。このシングルとアルバムが、僕たちの中ではひと括りになっているんです。アルバムもひっくるめて、下半期戦っていくためのいい武器になったと思ってます。