MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

The Winking Owl

2017.05.08UPDATE

2017年05月号掲載

The Winking Owl

メンバー:Luiza(Vo) Yoma(Gt) KenT(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-曲を書いたYomaさんとしては、どうだったんですか。

Yoma:最初はびっくりしましたね(笑)。なんだこれ? って。

KenT:はははは(笑)。

Yoma:すげぇこと言ってるなっていう、抵抗感ではないんですけど、びっくりはしたんです。でも、聴いていたらだんだんと、これも面白いなって思えてきて。

Luiza:マーケティング的に言ったら、狙いどおりです。

Yoma:こういう曲はなかったですからね(笑)。そもそも自分が洋楽ばかり聴いていたので、最初は抵抗があったんです。でも別に、全部英語詞でやりたいっていうのがあったわけでもないですし。こういうスタイルの楽曲にこういうLuizaの歌詞を乗せられるのが、自分たちの個性だなと思って。今後も全然アリだなとは思いますね。

Luiza:なんていうか、私は見てくれがこうじゃないですか(笑)。自分で言うのは恥ずかしいですけど、野原で白い服とか着て"ラララ~"って歌ってる感じとかをイメージされたり──

-たしかに(笑)。

Luiza:でも私、そうじゃないんだよなぁっていう(笑)。だから、素の私をちょっと入れてみて、こういう部分もあるんだなと思ってくれたらいいなって。受け入れがたい人はいるかもしれないですけど。

Yoma:たしかに、今までの自分たちの感じではなかったけど、Luizaのことを知っていれば、"あぁ、Luizaらしいな"っていうのはあるんですよ。

-はい。これまでのジャケットのアートワークやMVのイメージだと、神秘的な雰囲気も強かったですから、こうした人間的な部分が垣間見えることは、魅力だと思いますよ。

Luiza:ありがとうございます。

-そして。アルバム最後の曲「Everyone Has A Story」(Track.8)ですが、これこそ歌い方に力強さがはっきりと出ていて、誰のものでもない、自分の道を行くという、次に向かっていることをより印象づける曲でした。これはどんな思いで作った曲でしたか。

Yoma:これは、制作の最後の方にできた曲です。結構それまで、いろいろな曲を聴かせていたんですけど、みんなに"これだ"っていう曲があまりないみたいな反応をされて、悔しい思いをしていたときでもあったんです(笑)。それで、何としてもパンチのある曲を作ってやりたいなと思って作った曲なんです。なので、勢いもあるし、疾走感もあるし。でもメロディは、しっかりとキャッチーで。歌詞が乗ったとき、自分がそういうテーマで考えて作ったわけではないんですけど、自分が作っていたときの気持ちにもハマッてるかなと。テーマは違いましたけどね(笑)。

-歌い方のパンチも、かなり効いてます。

Luiza:はい、そのまんまの顔で歌ってました(笑)。

KenT:ストロングな顔でね。

Luiza:唾を吐くくらいの感じで。特に、悩んでいた時期でもあったので。"もう、なんとかしたい!"っていう気持ちが強かったと思います。

-先ほど、制作時には心情的な話はしてなかったと話していましたが、Luizaさんが何か、突破口を見いだそうとしてるなというのは、メンバー内でも感じるところはありましたか。

KenT:それぞれで感じでいたことはあるようですね。僕的には時間を共にしているなかで、吹っ切れたのかなっていう感覚はあったんです。そこからの制作で、いいテイクを出してくれたのもあって。内面的に変化があると、表現するものも良くなるんだなっていう実感ができたんですよね。


メンバーの個性が出せたことで、ライヴでも、以前の楽曲よりも演奏に感情が込められるようになった


-Yomaさんはソングライターとしての試みや、もっとこういう面を突き詰めたいということはあると思うんですが、The Winking Owlとしてもっとこうしたい、こういう面を追求したいというのはありますか。

Yoma:バンドとしては、ツアーやフェスで達成感もあったんですけど、悔しい思いもいっぱいしたので。そういう気持ちも、楽曲に反映されていると思います。これからもっと、この楽曲でさらにいいライヴを目指していきたい気持ちはありますしね。今回、メンバーの個性が出せたと思うので。ライヴでやるときも、演奏で、以前の楽曲よりも感情が込められるようになったんですよ。ライヴの面でも、さらに自分たちの個性を出せるようにやっていきたいなと思います。

-昨年、フェスでThe Winking Owlのステージを観ていましたが、スケールの大きさを感じさせるなと思いましたし、だからこそもっともっといい景色を見たい感じはありました。

KenT:生々しさという部分では、昨年はまだちょっと足りなかったので、出し切れなかったなという悔しい思いもあったんですよね。

Yoma:そうだね。

KenT:たくさん大きな舞台に立ったなかでも、3人ともそれは感じていたんです。今作の曲を引き連れて、今年もいろんなステージに行けると思うので。そこで勝負したいなという気持ちはありますね。