MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

魔法少女になり隊

2017.05.15UPDATE

2017年05月号掲載

魔法少女になり隊

メンバー:火寺バジル(Vo) gari(VJ/Vo) ウイ・ビトン(Gt) 明治(Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-そして、「ラムのラブソング」(Track.2)をカバー曲に取り上げてますが、これは?

ウイ:この曲はバジルが選曲したんですよ。

バジル:再放送を観て、好きになったアニメです。

-どのへんが好きですか?

バジル:ラムちゃんがとにかくかわいかった。だから、一人称を"ウチ"にしていた時期もありました。

ウイ:マネしてたの(笑)?

バジル:小さいころはマネしてました。

ウイ:僕はアニメは観てないけど、曲自体は知っていたので、このバンドでやるとなったときに曲を聴いたんですよ。そしたら、こんなにメロコアだっけ? と思って。じゃあ、思いっきりメロコア調にしようと。

-原曲の良さを活かしながら、バンドの色にもすごくマッチしてます。今作のテーマにも沿ってますもんね。

バジル:全3曲ともラヴ・ソングだけど、全部キャラや歌い方はこだわって変えているので、そこも聴いてほしいですね。その中でも自分的にはラムちゃんが一番しっくりきてます。3人の主人公はそれぞれベクトルが違って、自分の方向性としてはラムちゃんが一番近いですね。

gari:はははは、方向性か。

バジル:"好きよ"の歌い方もいろいろとパターンを変えて歌ってます。

ウイ:最初に録ったときに平坦に感じて、何度もトライしたからね。

-「sayonara fantasy」(Track.3)は切ないスロー・チューンですね。

ウイ:「ラムのラブソング」と比べたら、しっとりしてるかなと。歌の表現力を意識して、歌ってもらいました。

バジル:この曲のエモさを歌でも表現するために、歌い方も細かいところまでこだわりました。ここまで歌詞を聴かせる曲はいままでなかったですからね。感情を込めました。

ウイ:歌詞で言うと、"七色の思い出に鍵をかけるように/笑い過ごしたメモリー消すの"の部分ですね。ちゃんと切なさを伝えなきゃいけないから、何度もリテイクしました。

バジル:消えそうな感じを歌で表現するのが難しかったですね。

-切なさもありながら、踊れる曲調にも仕上がってますよね?

ウイ:そうなんですよ。僕らの楽曲は速いというか、縦ノリが多かったから、横ノリの要素を入れてみました。ライヴの楽しみ方の幅が広がればいいなと。

-あと、今作の初回生産限定盤にはライヴDVDが付きますよね?

gari:単純にライヴを観てもらいたくて......VJを使って、面白い内容でやってますからね。ライヴハウスは足を運ぶまでのハードルが高かったりするじゃないですか。まずはいろんな人に"こんな面白いライヴをやっているんだよ"と伝えたくて。

-ライヴ自体はカオスな熱気が渦巻いてますからね。

ウイ:"魔法少女になり隊"というバンド名だけだと、このライヴは想像できないと思う(笑)。特典DVDを観てくれた人は、行きたいなと思ってくれるんじゃないかな。

バジル:このカオスは映像で観てもらわないと、わからないと思うから。

-そもそもVJを使おうと思ったきっかけは?

gari:ドラムがいないので、何かできないかなと。単純に後ろに映像があったら、面白いかなって。それでイチから映像を勉強して作りました。

-曲と映像がちゃんとリンクしているところも面白くて。

gari:ライヴとリンクしたらいいなぁと思って。普通、VJの方はリアルタイムで打ってるけど、1曲ごとに決め打ちで映像を流して、自分はステージ前に出て煽ってますからね。それも新しい見せ方かなと。