MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

revenge my LOST

2016.10.26UPDATE

2016年10月号掲載

revenge my LOST

メンバー:YOUKI(Gt) FRANCISCO KIDZOOMA aka Xavie(Vo) ONIZUKA(Dr) MASASHI(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-今作『PANDEMIC』はいつごろから作り始めたんですか?

Xavie:今年の頭ですね。ただ、本格的にやり始めたのは春ぐらいです。曲作りはもっと前からやってました。

-最初のアルバム像はどんなものでした?

Xavie:今回は4部作の最終章という感じで。僕らはこれまで"こんな曲ができるんだよ"って、自分たちのキャパシティをどんどん広げていたんですよ。だからその集大成というか、幅広いアルバムになったと思います。

-えぇ、今作は間違いなく過去最高の振り幅です。

Xavie:もう次の構想もあるんですけどね(笑)。でも現時点で僕らができるマックスであることは間違いないですね。このCDが売れへんかったら、就職しようぜ? (YOUKIに向かって)漁師になるか? 俺、詐欺師やるわ。

一同:はははは(笑)。

-それくらい自信作ができたと。YOUKIさんはどうですか?

YOUKI:前作でワンステージ上がったし、1本1本のライヴの重みも変わったし、その動きを止めずに今作の制作に進めました。みんなしんどい中で、ケンカしながらも作りましたからね。今までの作品の中でも思い入れは強いですね。今回はドカーン! って感じです。

-えっ!?

YOUKI:ははははは(笑)。

Xavie:僕らの方針として、SNSで"今レコーディングしてます!"とか一切投稿しないんですよ。黙って、黙って、急に発表する。"いつになったら、新譜が出るんですか?"とお客さんに聞かれるけど、心の中で"今、作ってるから"って。その期間が今回は長かったので、しんどかったですね。

-SNSで黙秘するのは何か理由でも?

YOUKI:revenge my LOSTを始めてから、ずっとそうですね。

ONIZUKA:"今曲を作ってます!"と言う必要あるんかなって。バンドはいい曲を作って、いいライヴをやるのは当たり前だから。サラッとやりたい気持ちはありますね。それがドカーン! の発言に繋がるんですよ(笑)。

Xavie:僕は常にイライラしてるタイプで。そのイライラのひとつが"今、レコーディングしてます!"というやつで。だから何なん? って(笑)。

-調理場は見せずに、いきなりおいしい料理だけ出せばいいと。

Xavie:そんな感じです。"キャー、楽しみに待ってます!"と言われたいだけやろって。僕らは斜に構えているんでしょうね(笑)。

MASASHI:目につくバンドがやってることは、やりたくてもやらへんみたいな。

-今作は1曲1曲違うカラーの楽曲ばかりで、制作自体はかなり大変だったんじゃないですか?

Xavie:かなり頑張りました。僕が曲を作って、アレンジはみんながやってくれるんですけど、みんな僕のワガママを結構聞いてくれたので。ただかっこいいアルバムを作ろうと思えば、そこに向かって突っ走ればいいけど、僕らがいちリスナーとして捻くれてるんで(笑)、全部同じやんけと思われないようにしたくて。

-なるほど。

Xavie:「THE TASTE OF BLOOD」(Track.7)はいわゆるR&Bみたいなテイストで、「I JUST WANT TO XXX.」(Track.12)はMichael JacksonやJACKSON 5、ゴスペルみたいな色を加えて。そういう音楽は、小中学生のころに好きで聴いていたんですよ。「MAD」(Track.6)のイントロはヴィジュアル系っぽいギター・ソロで始まるけど、僕らが中学生のころはL'Arc〜en〜CielやGLAYが流行っていた時代なので、それをやってもrevenge my LOSTなら許されるんじゃないかと。でもそれをまとめるのは大変でした。revengeテイストに仕上げなきゃいけないから。

前作のインタビューでもルーツ音楽の話を聞きましたけど、今作でそのへんの影響も落とし込めるようになってきた?

Xavie:そうですね。実際のリズム・アレンジやウワモノのアレンジにもそれが出たと思います。"あっ、ONIZUKAはこういうドラムを叩くんやな"って。で、それはなんでやろう? と考えたときに――10年ぐらい前に別バンドをやっていたけど、そのときの音楽が反映されているなと。MASASHIは自分が好きなアーティストのフレーズを入れてきたりして、各メンバーのバックボーンも色濃く出てると思います。