MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

exist†trace

2016.03.15UPDATE

2016年03月号掲載

exist†trace

メンバー:ジョウ(Vo) miko(Gt/Vo) 猶人(Ba)

インタビュアー:米沢 彰

-お客さんも隅々まで入ってましたね。

ジョウ:あの日のライヴは、アルバムの中から「BLAST」以外の曲を全部やったんですよ。「ネオジャパニーズヒロイン」も初披露して。ライヴの中盤でやった「TWIN WINGS」は、今作の中でも1番大人しい曲だと思ってたのに、気持ちとしてはホントに激しい曲で。見た目は静かに歌ってるように見えるかもしれないけど、心の中では燃え上がってて。なので今回のライヴは最初から1曲1曲、まさに"激"っていう言葉が似合うライヴでしたね。そのライヴが終わったあとに、このラインナップにさらに「BLAST」が加わると考えたら、今回とんでもないアルバムを作ってしまったな?と我ながら思ってしまいました(笑)。

miko:鍛えないと(笑)。

-ジョウさんは線が細いのに、あのテンションで歌い方が崩れないのは本当にすごいと思いました。どこからそのエネルギーが湧いてくるのでしょうか?

ジョウ:ホント、気合いですよね(笑)。たまに自分でもビックリすることがあるんですけど。でもこのアルバムを作ったことで、今まで以上のパワーが必要になると思うんで。また新しい、かっこいいジョウが生まれるんじゃないかと自分でも期待してますね。

-ホントにすごいですよ。フロアにいても空気が薄くて息苦しかったぐらいでしたから。

miko:最近はもう最後の3~4曲がたたみかけるようなセットリストで、ドラムのMallyとかアスリートみたいですよ(笑)。後ろで何かのスポーツが行われてるみたいな(笑)。

一同:(笑)

miko:でも、あそこまでやらないとライヴじゃないんですよね。手を抜くことは考えたことがないです。

-今回のアルバムに入ってる曲はすごくライヴ向きなんだなって感じました。実際やってる側もそういう感覚ってありますか?

miko:ライヴ先行なんじゃないかっていうか、むしろCDはおまけなんじゃないかって勢いで(笑)。ライヴのために生まれてきた曲たちだと思いますね。まだライヴではやってないけど「BLAST」は相当すごいことになるだろうし、ファンの期待値もライヴに向かって上がるんじゃないかなと。

-リリースの直後には名古屋HeartLandでの主催イベントが3月19日(土)、20日(日)に2デイズ開催されますね。これはどういった主旨で行われるのでしょうか?

miko:去年、"ATTACK TO NAGOYA"と題したイベントで、毎月名古屋に行ってワンマンやったんですよ。もちろん東京が本拠地なんですけど、その次に制圧したい都市が名古屋なので(笑)。以前は、海外行ったり大阪でワンマンやったりとかもあったんですけど、今は足元を固めるために東京、そして名古屋と。それが去年の"ATTACK TO NAGOYA"というイベントで、それをそのまま引き継いで、また今年も"ATTACK TO NAGOYA"というタイトルで開催するということですね。名古屋城を落とす勢いで徹底的に(笑)。

一同:(笑)

-戦国時代みたいになってますね(笑)。

miko:主催イベントは初めてなんですけど、ホントにかっこいいバンドが揃ったので。みんなで名古屋をやっつけてやろうと思います(笑)。

-それからさらに、リリース後には6月26日(日)にShibuya eggman、7月9日(土)に心斎橋VARONとワンマン・ツアーが控えていますね。この東阪ツアーへの意気込みをうかがえますか?

miko:大阪は久々のワンマンだし、待っててくれる子たちの熱量も相当たまってると思うので、ここでガッツリと体感していただき、東京は去年の12月以降久々の開催なので"ちょっと名古屋推しのバンドになっちゃってるんじゃないの?"と思われてるところもあるから(笑)、こちらもまたガッツリと。そのころにはリリースからも時間が経っているので、もしかしたらまた新しい曲もできてるかもしれないし。それこそ"THIS IS NOW"な最新のexist†traceを見せられたらな、と思います。

猶人:ホントに、ライヴをやるごとに1曲1曲変化していくと思うんですよ。レコーディングのときも、できるだけ詰め込んだんですけど、もうすでに"ここをもっとこうしたい!"っていうのがすごくいっぱい出てきてるんです。なので、19、20日の"ATTACK TO NAGOYA"もそうですけど、6月、7月のワンマンもすごく進化した楽曲が聴かせられるし、進化したメンバーを見せられるんじゃないかと思います。楽しみにしていてほしいです。

ジョウ:本当に激しいアルバムができたんで。最後には全員の記憶がぶっ飛んでしまうくらいの熱いライヴをお届けしますので、楽しみに待っていてください。

-最後に読者へのメッセージをお願いいたします。

ジョウ:読者のみなさんの中にはexist†traceのライヴをまだ観たことない方もたくさんいると思うので、このアルバムからでもいいですし、まずはexist†traceの音楽に触れてもらって、一緒にすごい景色を作っていけたらなと思います。ぜひライヴに来てください!

miko:補足なんですけど、今回は通常盤と、"ワン野口盤"っていう歌詞カードとかが入ってない、盤のみだけど中身はまったく同じ6曲が聴けるっていう1,000円ポッキリのバージョンがあって。

-あ、それ気になってたんですけど、なんで"野口"なんですか?

miko:千円札が野口英世なので、ワン・コイン的なイメージで、"ワン野口"(笑)。

-そういう意味か(笑)!

一同:(笑)

miko:CDショップでもライヴ会場でも扱うので、迷った人は"ワン野口ならいいかな?"って思った勢いで手に取ってもらえれば。数量限定の出血大サービスです。去年、ワン・コインで1曲ずつシングルを出して、それもexist†traceを知ってもらういいきっかけになったと思うので、そのミニ・アルバム版ですね。

ジョウ:音楽を知ってもらう方法って人それぞれだと思うんですけど、今回の自分たちには、ライヴ、野口盤、通常盤って3種類の入り口があるので、どこからでもいいからexist†traceを知ってもらって、ライヴで最高の瞬間を一緒に作っていく仲間が増えていったらなと思います。ぜひ、この機会にexist†traceを知って触れてほしいですね。