MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

exist†trace

2016.03.15UPDATE

2016年03月号掲載

exist†trace

メンバー:ジョウ(Vo) miko(Gt/Vo) 猶人(Ba)

インタビュアー:米沢 彰

-今作でもツイン・ヴォーカルを活かした構成がすごく目立っていて、バンドの武器としてより活かす方法をかなりいろいろ試しているように感じました。今作でほぼイメージは具現化できたのかなという印象でしたが、手応えはいかがでしょうか?

ジョウ:以前は、変に気を遣ってしまってたんですよ。ハモりを入れるのは自分が歌ったあとなので、今まではmikoのことを考えながら歌ってたんですけど、今回は全然気にしなかったんです。彼女ならきっとついてきてくれるだろうっていう安心感もあったので。だから、ある意味ジョウをすごく出せたアルバムでもありますね。

miko:「ネオジャパニーズヒロイン」(Track.4)はすごくスリリングな掛け合いがあるんですけど、それ以外はツイン・ヴォーカルを前面に出すというよりはハモったり、Bメロで出てきたりするくらいで。"6曲中何曲かはツイン・ヴォーカルを活かさなきゃ"みたいなことはあまり考えないで、曲に合わせて歌い分けを決めてました。"ツイン・ヴォーカル・バンドだから"ということも考えなくなったんですけど、そういう中にポンっと「ネオジャパニーズヒロイン」みたいな曲があることで、私たちの武器をちゃんと活かせるんですよね。今作でようやく、変にツイン・ヴォーカルを意識しないで制作できるようになったかなと。

ジョウ:武器としてツイン・ヴォーカルを操れるようになったのかもしれないですね。

miko:そして、どんどん私の歌い回しがジョウに似てくるっていう(笑)。

一同:(笑)

ジョウ:ホントに、自分たちでもどっちの声なのかたまにわからなくなるんですよ。

デモを聴いて、"あれ? 自分歌ったかな?"って(笑)。

miko:ジョウのクセのある主メロにどうやってハモるかっていうのがだんだん得意になってきていて(笑)。逆に、他の人だったら絶対できないですね。

猶人:声質が近いから、ユニゾンの厚みがすごく気持ちいいよね。

-馴染んできて意識しなくてもよくなったというのはすごく感じますね。ところで、ベース・ワークとしてはメリハリのあるプレイが特徴的に聴こえたのですが、レコーディングはいかがでしたか?

猶人:最後の「BLAST」なんですが、あんまり速いピッキングは今までやってなかったんですけど、この曲は終始細かく速くやり抜こうって決めてたので、ちょっと苦労しましたね。

-ちなみに、ベースは基本的に5弦を使ってますよね?

猶人:そうですね。Ampegのプリアンプのコンパクト・エフェクターがあるんですけど、それを今回のレコーディングで使ってみて、5弦との相性の難しさがわかりましたね(笑)。

-ギターのふたりは枯れた感じの音が基本にあると思うんですけど、逆にベースはすごくモダンな音色でっていう対比が面白いなと思ったのですが、それは意図的ではなくて結果的に?

猶人:好みですね(笑)。

一同:(笑)

miko:個々の好みです(笑)。

猶人:"多分この曲なら、ギター隊はこういう音を使うかな"っていうのを想像して、あえて逆に振るときと、あえて寄せていくときがあって、ギター隊が録ったあとの音源を聴くのが楽しみなんです(笑)。でも、今回はそれもあまり考えず、好きなようにやりましたね。

miko:この前、今作の最終ミックスが終わったんですけど、「TWIN WINGS」と「Shout Out」は再ミックスしています。微妙な調整なんですけど、それで「TWIN WINGS」のベースがすごく良くなって。おいしいところはちゃんとフワっと出てくるし、ボトムを支えるところはしっかり広がってるし。

猶人:そのミックスのときにひとりでテンション上がってたんですけど、全曲、低音が気持ちいい。

ジョウ:今まで以上にね。

-なるほど(笑)。では、ギターに関して、「TWIN WINGS」のディレイの使い方や「BLAST」でのアルペジオの入れ方がエモっぽくて耳に残りました。リフやソロなどギター・ワークの面で今作の中で特に聴いてほしい箇所などありましたら教えてください。

miko:1番変態的なのは「DREAM RIDER」のBメロで(笑)。みんなのグルーヴから離れて、突然おかしな音が飛び込んでくるんですけど、そういうのが好きなんですよね。BUCK-TICKの今井(寿/Gt)さんが大好きなんですけど、彼みたいに突然入れてくるフレーズを、私もできないかなっていうのを常に考えてて(笑)。でも、歌いながらギターを弾いてるので、あんまりフレーズに集中できる瞬間がなくて、乙魅との兼ね合いもあって"私はこの曲のどこで目立ってやろう?"って考えてたり。ギター・ヒーロー的なフレーズよりも、そういう突飛なものをどこで瞬間的に入れるかって感じで「DREAM RIDER」のBメロや「BLAST」のイントロでいろいろ挑戦できたので個人的には満足しています。そのぶん乙魅が、ギター・ヒーロー的なフレーズを結構持ってきてくれているので、ふたりの対比は今回わかりやすく出ているかなと。「BLAST」のギター・ソロとかめっちゃかっこいいから、ニヤニヤしながら聴いてます(笑)。この曲はまだライヴではやってないんですけど、ギターがガッツリ目立ってほしいです(笑)。昔はギター同士で競い合うというか"おいしいフレーズとりやがって!"って思うことも結構あったんですけど、今はいい具合にお互いの個性を引き出し合えればいいかなって。

-先日、恵比寿club aimでの"Valentine's Day Eve ~Bitter×Bitter Night~"にうかがいましたが、ものすごい盛り上がりでしたね。

miko:チョコもとろけるぐらい(笑)。

ジョウ:1曲目の後半くらいでもう"酸素がない!"ってなって(笑)。

猶人:ジョウ、終わったあと倒れ込んでたね。