MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NOISEMAKER

2016.01.13UPDATE

2016年01月号掲載

NOISEMAKER

メンバー:AG(Vo) HIDE(Gt) YU-KI(Ba) UTA(Dr)
イベント・プロデューサー:森田 大介(TOWER RECORDS)

インタビュアー:荒金 良介

-森田さんの感想を聞いて、どうですか?

AG:嬉しいですね。自信になります。

森田:Track.3に「NEO」のリミックス・バージョンが入ってるけど、あれはHIDEが夜な夜なやったんでしょ? あれは予想外でした。新しい発見でしたね。

AG:入れて良かったよね?

HIDE:うん......だけど、ノイローゼになりました。曲を作るより全然簡単だろと思っていたけど、意外と時間がかかりましたからね。

-話を戻しましょう。"TWINTOWER"自体は2016年の1~3月と3ヶ月連続で開催されますよね。これには意図があるのでしょうか?

森田:"3"という数字に意味はなくて、やるなら3回ぐらいはやりたいなと。

HIDE:それこそ今回は新しく出会うバンドもいたので、それも良かったですね。

AG:新しいきっかけを作ってもらえたからね。

HIDE:先日、森田さんとavengers in sci-fiのライヴを観に行きまして、すごく面白かったですね。途中でRAGE AGAINST THE MACHINEを弾き始めて、マジか~!と思って。俺も大好きだし、avengers in sci-fiは楽器マニアの集団みたいなバンドだから、本当に楽しみですね。ずっとギターでスクラッチもやっていたから、RAGE AGAINST THE MACHINEが好きなんだなって。

AG:人力でやるところがまたいいよね。

HIDE:一緒にいたマネージャーが"あのスクラッチどうやってるんですか? あれを取り入れましょう"とか言ってましたからね(笑)。

AG:メンバーとも話が合いそうだなと。早く打ち上げしたいです(笑)。

HIDE:ジャンルは違うけど、共通点は見つかりそうだし、早くライヴを一緒にやりたいですね。

-NOISEMAKERの対バンについては、森田さんの中で選ぶ基準みたいなものは何かありましたか?

森田:まず同じシーンにいるアーティスト同士の対バンは"TWINTOWER"らしくないなというのがありますね。良くも悪くも、想像できてしまいますから。ジャンルが違う方がお互いに刺激になるだろうし、ライヴに遊びに来るお客さんはジャンルどうこうより、もっと大きな期待を胸に遊びにくると思うんですよ。それもあって、ジャンルは違うけど、この2組が出す音の親和性からたくさんの刺激を感じてもらえたらいいなと。僕もNOISEMAKERがRAGE AGAINST THE MACHINEが好きだとは知らなかったですからね。avengers in sci-fiのライヴを観て、そこで共通点を見つけられたように対バンすることでまた何か発見してもらえたらいいなと。ライヴの最後に2組でRAGE AGAINST THE MACHINEのカバーを披露してくれたら、最高だなと。

-観る側としては何かしらのサプライズがあると、嬉しいですね。

森田:それも2組だからできることだと思うんですよ。あるいは、avengers in sci-fiにAGが参加しても面白いだろうし、そういう期待はありますね。

-当日を楽しみにしてます(笑)。NOISEMAKERは過去にこういう形の対バン・イベントをやったことはあるんですか?

HIDE:初めてですね。音楽を売ってるお店がライヴも企画して、打ち出していくのはありそうでないことじゃないですか。今回話をいただいて、僕らも他ジャンルのバンドとやりたい気持ちはあったから。せっかくなら、お祭り感じゃないけど、自分たちも楽しめるイベントにしたいですね。

-他ジャンルと対バンしたい気持ちはどんなバンドも持っていると思うんですが、きっかけがないと容易には実現できませんもんね。

AG:そうなんですよ。あと、自分たちがまだ出会えてない、素晴らしいバンドがたくさんいますからね。今回はいいチャンスだなと。avengers in sci-fiはまさにそうでした。

-YU-KIさんはどうですか?

YU-KI:TOWER RECORDSという昔から自分が通っていたCD屋さんのロゴがイベント名についてる時点で感動しますね。TOWER RECORDSとも"TWO(TO) WIN"で行きたいなと。

一同:おおーっ(笑)!

YU-KI:だから、気持ちは"TRIPLE TOWER"ですね。今回こういう機会を与えていただいてありがたいし、これをまた血肉にできたらいいなと。