MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DRAGONFORCE

2015.07.18UPDATE

2015年07月号掲載

DRAGONFORCE

メンバー:Herman Li (Gt)

インタビュアー:米沢 彰

-嬉しいですね。今回はもっと前に現地入りしないといけないんじゃないですか。

(笑)今回はそれができないんだ。日本の前の日は中国、日本の次の日は台湾でライヴがあるからね。まぁでも自分たちで作ったものだから、何とかなるよ。誰かを雇ってビデオを作ってもらったわけじゃないからね。俺がバンドのメンバーと一緒に、ビデオのプロダクションを手がけているんだ。曲のイメージにぴったり合うようにね。やっとファンに観てもらえるから楽しみだよ。ちゃんとLEDのスクリーンを用意してもらえるといいね。『Maximum Overload』(2014年リリース)のジャケ写を映し出す箇所もあるよ。

-世界的なメジャー・アーティストでありながらここまでDIYなのには本当に驚かされます。レーベルやマネジメントなどからも"そこまでしなくていいのに"と言われたりするのではないですか? 健康を心配されたりですとか。

(笑)うーん、健康はあまり心配されてないかもな(笑)。むしろ"Hermanはちゃんとやり方わかっているのか?"と訊かれることの方が多かった。完全DIYのリリースをやったこともないのに、ってね。だからそういう意味で心配はしていたみたいだな。俺自身は、今までもDRAGONFORCEのボーナス映像を作ったことがあったから心配していなかったけど。それに、今まで2年くらい、ショーにカメラを持ち込んで自分でいろいろ実験していたんだ。編集も自分でやってね。だから事前の練習は十分にしていた。それに俺以上にショーのことをわっているやつも絶対にいないから、他の人に頼むつもりも一切なかったんだ。俺はやりにくい相手だろうしね。もちろんいい意味で(笑)。

-日本盤ではHerman自身によるセルフ・ライナーノーツが付くとのことですが、プロデューサー、ディレクター、エディター、プレイヤー、アクターときて解説までするとなると完全にすべてを自らがコントロールしている状態になりますね。

そうそう、ライナーノーツも書いたんだよ。何ワードあるんだろう、2,000くらいはあるかな?かなり語ったね(笑)。まぁツアーに出ていなかったらいろんなことがもう少し早く仕上がっていたんだろうけど、そんな時間的な贅沢はないからね。あと、手伝ってくれた人も2人いたんだ。オーディオのマスターをミキシングしてくれた人と、バックステージとか映像の撮り足しを手伝ってくれた人だね。

-さすがに演奏中は自分で撮影できませんもんね。

そうそう(笑)。自分がインタビューを受けている映像とかは自分じゃ撮れないしさ(笑)。Michael Lockhartという男にツアーについてきてもらったんだ。あとはロサンゼルスにいるDamien Reinaudというプロデューサーにミックスをお願いした。クリスマスの日も大晦日も、休まず作業してくれたよ。この2人のおかげなところが大きいね。

-ドキュメンタリー映像もふんだんに入っていて、世界ツアーのみなさんの"楽しみ方"がいろいろと見えるようになっていますね。収録されている中で、特に印象に残っているのはどこでのどの出来事ですか?

今回はファンにDRAGONFORCEのすべてというより、このツアーの舞台裏を見せたかったんだ。ヨーロッパ、アジア、日本から少しずつ映像を入れるようにした。飛行機の中でも撮っていたし、オーストラリアでも撮ったし、インドネシアでも撮った。リハーサル中はGeeを始め、みんな俺のところに居候していたようなものだったから、そういうシーンも撮ったしね。

-ところで、ものすごく細かい話ですが、Hermanがライヴで右手の中指につけている機械はなんですか?指輪みたいに見えますが。

あれはいろんな音を作ることのできる、ワイヤレスのエフェクト・プロセッサーなんだ。俺の手の動きに合わせて作動する。でもあのショーでは使わなかったんだけどね。オンにはしていたけど、使うシーンがなかった。だからDVDにしたときに目立つためだけに着けていた感じだね。見せびらかすためだけ(笑)。

-(笑)

そうすれば、今回みたいに質問してくれる人もいるからね(笑)。

-(笑)現在も続いている"Maximum Overload World Tour"は2014年から2016年まで約2年間も回り続ける超長期のツアーですが、この間も新曲の制作などは続けているのでしょうか?

まだなんだ。夏には書き始めると思うけどね。まずはアイディアを溜めないと。でもまだ先の話だな。俺たちのセットリストは長いから、日本ツアーの前にも練習しないといけないし、ビデオの準備もしないといけない。日本ツアーを万全の状態で迎えるためにも、しっかり準備するつもりだよ。

-次のアルバムの目処など、差し支えなければ教えてください。ツアーが終わるのは2016年ですから、相当先になりますか?

今回はFrédéricを中心にやってもらっているんだ。あいつが今プロデューサーに話をしているところでね。すごく助かるよ。結成以来今までずっと俺が中心になってやってきたけど、今回はあいつがスタジオにも話をしてくれているからね。プロデューサー選びも任せているんだ。おかげで俺も他のことに集中できるよ。

-つまりFrédéricが制作のイニシアティヴをとるような感じですか?

少なくともスケジュール管理を始めてもらっているところだよ。本当に助かるよ。もう俺は十分やったからね(笑)。

-最後に激ロックの読者へメッセージをお願いします。今年もまた9月に来日を果たしますね。これで5回目の来日だと思いますが、今回の来日に向けた思いや楽しみにしていることなどを教えてください。

もちろん、ファンにはDVD、できればBlu-rayを観てもらうのを楽しみにしているよ。Blu-rayの方は1080pだから最高のクオリティなんだ。それは俺が保証する(笑)。俺はテクニカルなこだわりが強いからね(笑)。日本ツアーは2009年以来だから、本当に久しぶりなんだ。だからみんなに来て欲しいね! 長い間応援してもらっているから、早くみんなに会いたくて仕方がないんだ。長いセットリストを用意しているし、絶対にいいものにするよ!本当に楽しみにしているんだ。みんな来てくれ!