MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DESTRAGE

2015.04.08UPDATE

DESTRAGE

メンバー:Paolo Colavolpe(Vo) Matteo Di Gioia(Gt) Ralph Salati(Gt) Gabriel Pignata(Ba) Federico Paulovich(Dr)

インタビュアー:米沢 彰

-ここ日本ではポニョから知った人も多いと思います。今後もカバーなど積極的にやろうという考えはありませんか?

P:今はないね。あれはEttore(Rigotti)の企画だったからやったんだ。もし何か"これをやりたい!"って思わせるものがあればまた考えるかな。

-例えば好きなアニメの歌をカバーするとか。アニメはあまり見ませんか?

P:Gabrielの出番だ(笑)。

一同:(笑)

Gabriel(以下G):そんなにいろいろ知っているわけじゃないんだけど、"GHOST IN THE SHELL(攻殻機動隊)"がすごく好きで、映画は3本観ているし、サウンドトラックもすごく好きなんだ。

-ちなみに新作にリリースはそろそろ見えてきていますか?

P:もうプランはあるんだ。3年も4年も間を空けようという気は全然ないよ。すでに曲も書き始めているしね。前作をリリースするときにはマスターができ上がってから、14ヶ月も間が空いてしまったんだ。それは移籍して契約をするのに時間がかかってしまったからってことなんだけど。今回はそれはないはずだから、そこで間が空いてしまうことはないと思うよ。ただ、ここで具体的な日程を言ってしまうと、いろいろ憶測を呼んでしまうから言わないでおくよ。

-最後に日本のファンへのメッセージをお願いします。

F:まだ2回目だけど、オーディエンスはいつ来てもあたたかく迎えてくれて、自分たちが今やっていることやこれからやることに自信が持てるんだ。本当に感謝しているよ。

M:日本のファンはみんなユニークであたたかくしてくれて感謝しているよ。日本に来るのはいつも特別な経験になるんだ。ありがとう。

P:日本は今まで行ったことある中で最高の場所のひとつだよ。ファンはみんな素晴らしいし、周りのプロフェッショナルたちも本当に素晴らしくて最高さ。いつでもまた日本に戻ってきたいよ。

R:小さいころからいろいろなアニメを観て育ってきたんだ。今は音楽の面でもいろいろな影響を日本から受けている。だから、そのお礼を日本でのライヴという形で返していきたいと思っているよ。

G:とにかくありがとう。来てくれるファンのみんなに感謝しているよ。