MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

AIR SWELL

2015.03.18UPDATE

2015年03月号掲載

AIR SWELL

メンバー:hamaken (Gt/Vo) hiromitsu (Ba/Cho) Yudai (Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-何ですか、その例え話は(笑)。

hamaken:いや、自分とすごく似てるなって。音楽は100点取るように頑張るけど、それ以外はダラッとしちゃうから。こんなに自分たちの曲を覚えてくれたことが、ありがたかったですね。ほぼノンストップで最後まで弾いてくれたんですよね。

hiromitsu:とりあえず、ライヴでやる曲だけは覚えました。

hamaken:感動しましたね、バイトのイメージがあったから。

hiromitsu:はははは。hamakenと同じようにひとつ譲れないものがあって、それ以外はどうでもいいみたいな生き方をしてきたから。逆に音楽がダメだと思われたら、ただのクズ人間ですからね。最終的にバンドに愛情がなければ、そういう力も出てこないし、自分がここでちゃんとやらないとダメだなと。メンバー・チェンジって、バンドがパワー・ダウンするんじゃないかとお客さんが心配すると思うけど、逆に俺が入ることでパワー・アップさせなきゃいけない。1度膝をついたら何かを拾って、立ち上がらなきゃいけないから。ふたりの背中を蹴飛ばして、前に押せる立場でいたいなと。

-ベースとドラムの相性もバンドにとって重要ですが、Yudaiさんはどうでした?

Yudai:最初にスタジオで合わせたときから、全然違和感なかったですね。普段はステージで演奏してる姿しか見てなかったから、"あっ、本物だ!"と思って(笑)。楽しかったです。

hamaken:hiromitsu君がひとりで休憩に出たときに"なんやろな、あのかっこ良さは!"って、ふたりで話してました。

hiromitsu:はははは、マジで?! 照れる。

-音以外のところでも刺激をもらえると。

hamaken:そうですね。ライヴの自由度も上がりましたね。以前はステージで決めごとがあったけど、今はライヴで何も決めてないんですよ。お互いを見て、俺が下手に行きたければ、hiromitsu君は上手にドーンと走ってくれるし、そういうコンビネーションを何も決めなくてもできるから。ライヴ感は圧倒的に上がりましたね。

hiromitsu:俺自身も楽しんでやれてるし、1本1本のライヴがアクシデントでいいと思うんですよ。毎回来るお客さんにも毎回違うものを見せたいですからね。台本の決まったライヴはやりたくないし、決めうちも見せる意味では大事だけど、基本的にはhamakenがやりやすい状況で俺はそれを3 割増しにできたらいいなと。

hamaken:すっごく面白いですよ!"えっ、こんなことやるんだ"と思うこともあるし、俺ももっと動かなきゃって。

-経験や場数も踏んできた頼れるお兄さんがバンドに入ってきた感覚ですか?

hamaken:ほんとそうですね。お客さんも毎回違うライヴの方が楽しんでもらえると思うから。

hiromitsu:ふたりとも"ラフにいきましょうよ"と言ってくれるくせに、いざ合わせると、めちゃくちゃ演奏がうまくてビックリしました。これは一生懸命やらなきゃダメだな、と。初めて自分のメインのベースを家に持ち帰って練習しました。

-へぇー、そうなんですね。

hiromitsu:改めてベーシストの原点に戻れてる感じですね。今回のレコーディングもそうだったんですよ。曲が上がって、すぐに録りましょうって。それでできちゃいますからね。

-お互いに刺激し合える存在なんですね。

hiromitsu:もちろんもちろん。単純に年齢が上というだけじゃ置いていかれますからね。俺らより下の世代のミュージシャンは楽器がうまいし、俺ら世代も引き締めてやらなきゃいけないなと。