MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

CRYSTAL LAKE

2014.07.17UPDATE

2014年07月号掲載

CRYSTAL LAKE

メンバー:Ryo (Vo) Shinya (Gt)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-そして2010年には2ndアルバム『Into The Great Beyond』をリリースしましたね。

Shinya:1stが2006年で、2ndが2010年と4年間空いてしまったんですけど、メンバーみんな音楽に対する意識が変わった4年間だったと思います。それは音楽のスタイルもありますが、それだけでなく転機になる出来事が多かった4年間でした。曲作りに関してはずっとYudaiがメインでやってるんですけど、この4年で自然とスタイルが変わってきたかなと思います。

-2011年には前任のヴォーカリストが脱退し、その後Ryoさんが加入していますが、その経緯を教えていただけますか?

Ryo:昔ROACHが2日連続で渋谷Milkywayで企画をした時があったんですけど、その時に僕が以前在籍していたINFECTIONが出演してて、打ち上げ場所のロッカホリックにShinyaさんが来てたんです。

Shinya:たまたまそのライヴを観に行ってたんです。

Ryo:で、いろいろ話をしてて、僕が"今度バンド辞めるんですよ"って話をしたら、Shinyaさんが"実はCRYSTAL LAKEもヴォーカル探してて"って言って。その時は軽く"じゃあ今度スタジオ入ろうよ"って話してたぐらいだったんです。けっこう最初はノリな部分がありましたね(笑)。"だったら入ればいいじゃん!"ってすごい軽いノリで(笑)。

-それがバンドの転機のひとつだと思いますが、従来のファンもいつつ、新しい若いファンが大きく増えた印象がありますが実際いかがですか?

Ryo:個人的にはバンドに若いファンが増えたというよりは、若い子がこういう音楽を聴くようになったから、ってのが大きいのかなって思います。バンド単体というよりは全体的に盛り上がってきてるのかなって印象ですね。バンド自体も増えましたしね。

-ハードコア・コミュニティでもしっかりと活動しつつ、今回もCrossfaithの主催するツアー"ACROSS THE FUTURE"に参加したりと、柔軟にオープンな姿勢で活動しているからなのかなとも思います。

Shinya:もちろんいろんなところから誘われるのは嬉しいですし、Crossfaithは彼らが活動しだして間もない頃に大阪にヤバいバンドがいるって話を聞いて、その後すぐMySpaceで彼らの曲を聴いたら本当にヤバいなと思って。その直後から知り合いになったんですけど、今やもうすごいバンドになって、こうして呼ばれることはすごい嬉しいです。

-Crossfaithと初めて会った時はどんな感じだったのでしょう?

Shinya:直接会った時はたぶん初対バンのBEFORE MY LIFE FAILSの企画イベントで場所はSHIBUYA CYCLONEだったかなと思います。

-以前、激ロックFES vol.3 EXTRAでAUGUST BURNS REDとUNITED、CRYSTAL LAKEの3バンドに出演してもらった翌日にCrossfaithも激ロックFES vol.3に出演しているんですが、その頃よりも前ですよね?

Shinya:あ、いやじゃあそれより更に前ですね。

Ryo:初対バンはもっと前ですよね?

Shinya:すいません、記憶が曖昧で(笑)。じゃあそれよりもっと前ですね。

-初めてライヴを観た時はいかがでしたか?

Shinya:いやぁ、ビックリしました。若いのにパワフルなパフォーマンスで、1回観たら忘れられない、本当にインパクトがすごかったです。

-RyoさんもINFECTION時代に対バンしたことはありますか?

Ryo:いや、実は対バンしたことなかったんです。個人的にお客さんとして観てた感じです。僕はバンドを始めるまで日本のバンドはあまり知らなくて、初めてCrossfaithを知ったのはたぶんLOUD PARKに出演した時で、すごいバンドがいるなと思ってたら、ベースのHiroki君とドラムのTatsu君は僕と同い歳で......。同い歳ですごいなって思ってました。

-Crossfaithに先日取材した際に、ACROSS THE FUTUREのラインナップを決める際に、集客面だけで考えれば他にも選択肢があるのにCRYSTAL LAKEを誘った理由を聞いたら、"かっこいいからです"、"海外のかっこいいバンドにぶつけるならCRYSTAL LAKEです!"と言っていましたよ。

Shinya:いやぁ(笑)。それ誰が言ってましたか?

-Koieくんが言ってましたよ。

Shinya:あいつ調子いいですね(笑)。

-ちなみに"ACROSS THE FUTURE"へ最初に誘われた時はどんな感じだったのでしょう?

Shinya:最初は確かマネージャーのREWくんから電話がかかってきたんだと思います。

Ryo:あれ?その前にメンバーと話してなかったでしたっけ?

Shinya:そうだっけ?"また一緒にやろうね!"ぐらいの話だったかな?そこから改めてお誘いがあって、自分たちのイベントを作って、海外からバンドを呼んでパッケージのツアーをしたいと思ってるって話をされて。で、海外のバンドを呼んだ時に日本のバンドはツアー・サポートでどこかの会場1ヶ所だけとかじゃなくて、全公演出て欲しいって言われたんです。