MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SoundWitch

2014.05.12UPDATE

2014年05月号掲載

SoundWitch

メンバー:Twin (Vo) Dragon (Gt) Matsubai (Ba) Maiden (Machine/Gt) Shark (Dr)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-まず初めにSoundWitchというバンド名の由来を教えていただけますか?

Twin:由来ですが本当のことを言うと語呂がいいなって。このバンドはずいぶん前にDragonと2人で始めて、そのときにDragonが"SoundWitchって語呂良くない?"って考えた、ただの思いつきなんです。

Dragon:もともとは"Witch=魔女"という単語がぼんやりと頭にあって、女性ヴォーカルで魔女的なというか、そういうイメージしやすいバンド名がいいかなと思って、そこに"Sound"を付けた感じですね。

-確かに覚えやすいですよね。そして前作であるリミックス・アルバム『WICCAHOLIX』リリース時から、大幅なメンバー・チェンジがありましたね。メンバー・チェンジの経緯を教えてください。

Twin:リミックス・アルバムである『WICCAHOLIX』の前の2ndオリジナル・アルバムの『GROTESCA』で全国ツアーをして、その後、台湾、アメリカへも行ったんですけど、そこで一段落して今後どう活動を進めていくかってところで前任のギタリストMayが方向性の違いで脱退することになって、それと同時にMachine担当のMaidenが加入しました。で、Mayの脱退ライヴとMaiden加入ライヴが実は同じステージだったんです。6人編成という最初で最後のライヴをして、そこから今のメンバーで活動がスタートしました。その後、Sack(Dr)が事情により休養することになりまして、ずっとサポート・ドラマー何人かとやっていたんですけど、その中でサウンド面でもしっくりきたSharkと活動を続けました。サポートというのをあえて出さなくてもメンバー同然で活動してたので、今はSharkもメンバーとしてSoundWitchに在籍しています。

-正式メンバーということで?

Twin:そうです。Sackももちろんウチのドラマーとして在籍してますし、コンポーザーとしても携わってます。まぁ自由なスタイルで(笑)。

-ちなみに細かい話ですけどDragonさん、名前のスペルが変わりましたね?

Dragon:あ、変わりました(笑)。特に理由はないですけど、今回の『Romanesque』のタイミングで変えました。

-Maidenさんはどういう経緯で加入したのでしょうか?

Maiden:もともとはMatsubaiと音楽を通じて知り合ってセッションとかやってて、仲良くはさせてもらってたんです。で、SoundWitchの話は彼が入る時からずっと聞いてて。

Twin:元々ずっと親密な付き合いはしてたんです。

Maiden:SoundWitchのメンバーと初めて会ったのは2011年の末の京都でした。

Twin:彼が前にやってたバンドとSoundWitchが対バンで、その合同打ち上げで対面しました。元々Matsubai経由で話は聞いてたんですけど。

Matsubai:お互いが共通の知り合いを通してコピー・バンドをやるって時に初めて会ったから、知り合ってからまだ5年ぐらいの付き合いなんですけど、最初から仲良くなるだろうなって感じはしてました。そこから個人的な付き合いが始まって、音楽面でいろいろサポートしてもらったりしてました。

Maiden:いつか2人で何かできたらいいなってのもありましたね。

Twin:私たちも話は聞いてたんで、そのタイミングで"Maiden加入ってどうかな?"って時に満場一致で"じゃあ連れて来て!"って(笑)。

Matsubai:その時Maidenのバンドは動いてたんですけど、ライヴも3ヶ月とか半年に1回のペースだったし、ちょうどMaidenのやってたバンドのメンバーもバンドを続けるのが難しくなってて。で、このまま置いておくにはもったいないなと思って、そのタイミングで引っ張ってきました。