MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

JAWEYE

2012.12.07UPDATE

2012年12月号掲載

JAWEYE

メンバー:上田 浩平 (Vo/Gt) 師崎 洋平 (Gt)

インタビュアー:沖 さやこ

-弱さが見えるメランコリックな歌詞は今までもありましたが、今までとは見せ方違いますよね。

上田:好きなんですよね、そういう言葉が昔から。世の中ってネガティヴなことって言っちゃいけないみたいな風潮があるじゃないですか。でもそういう言葉を求めている人もたくさんいると思うし、少なくとも俺は求めているし。自分が聴きたい言葉、聴きたい曲はこっちだから。もっと絶望感あってもいいと思うんですけど(笑)、最終的にそういう風になりきらないのは、“これが自分なんだな”って書き上がって強く思いましたね。

-フル・アルバムも完成して、バンドとしてもひと区切りですね。

師崎:そうですね、やっと。1月からツアーがあるんで、そこに向けてアルバム曲をやってるんですけど、劇的に楽しいんですよね。制作はテンパッてぐるぐるになってたんで、最近はみんなで喋りながらやれてるんで。もともと“こうしたくね?”“ああしたくね?”ってお喋りが盛り上がって“合わせようぜ!”って流れで曲を作ってきたバンドだったんで、今回ようやくひと段落して“この曲をこの先どうやってやってこうか?”ってことを話しながら、盛り上がってきてスタジオに入るっていう、俺たちがやりたかったベーシックな活動になってきてるんで。1番ナチュラルだし、すごいライヴができそうな予感がしてますね。ツアーは新しいJAWEYEが見られはずだし、今まで俺たちが作ってきたぶん生々しいライヴになると思います。

-ツアー・ファイナルのShibuya O-Westワンマンにも期待が高まります。

上田:Westでワンマンをやるのは一つの目標だったんです、ずっと。それは俺が前やってたバンドが、Westでワンマンをやったバンドのオープニング・アクトをやらせてもらって。フロアはパンパンで、そこで発生したエネルギーも絶大で“Westってすごい会場だな!”って思ったんです。俺もこういうのやりたいなってずっと思ってて、いまこういう機会を与えてもらえたので。……でも、素直に俺たちがやっていきたいと思う活動をやっていけば、そこに共感してくれる人は絶対いっぱいいると思うし。そういう人たちとだったらきっと、僕が前に経験したときのようなステージを絶対経験できると思うから。このツアーの中で、聴いてくれた人や見てくれた人の中で、何が築けるんだろうなって。それを最後のWestで、1番いい景色をみんなで見たいですね。