MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LOSTPROPHETS

2012.08.30UPDATE

LOSTPROPHETS

メンバー:Stuart Richardson (Ba) Jamie Oliver (Key/Turntables/Vo)

インタビュアー:山本 真由

-ニュー・アルバム『Weapons』をリリースして初の来日公演となりましたが、ライヴの手ごたえはいかがでしたか?

Jamie Oliver(以下J):ホントにぶったまげるくらい素晴らしかったよ!

Stuart Richardson(以下S):日本のオーディエンスは優しいし、いつも盛り上げてくれるから凄く楽しかったよ。

-今回ライヴの途中で雨が降ってきましたね。マリンステージは元々海からの風等、環境の影響を受けやすいステージだと思いますが、演奏はしづらかったりするんですか?

J:風や雨の影響は感じないな。それよりも兎に角、暑くて湿気が多い方が大変だよ。ついこの間までアメリカのWarped Tourに参加していたんだけれど、そっちは暑くてもカラっとした天気だからね。それと比べると日本は暑くてじめじめしているから、歌うのが大変なんだ。

-そんな日本の夏フェスSUMMER SONICに、過去02年、04年、08年と出演して、今回で4回目の出演となりましたが、サマソニはLOSTPROPHETSにとってどんなフェスですか?

S:SUMMER SONICは、世界のフェスの中でも俺たちが好きなフェスだよ。

J:そうだな。こないだのアメリカでのツアーは6年ぶりで久々だったから、ファンが凄く歓迎してくれたんだけど、日本はわりと頻繁に来ているにもかかわらず、いつも変わらず歓迎してくれるんだ。今日もスタジアムの上の方まで埋まっていて、凄く嬉しかったよ。 日本に移住したいくらいだよ(笑)。

- (笑)。ところで、今回のSUMMER SONICで楽しみにしているアーティストや、既にライヴを見て良かったアーティストはいますか?

S:Rihannaを見たかったんだよ!でも日にちが分かれちゃった……。GRREN DAYも見たいんだけどね。今日はこの後すぐ移動だから、明日の大阪ではTHE VACCINESとGRREN DAYをチェックしようと思ってるよ。

J:自分達のライヴと時間が被っちゃったんだけれど、HYRO DA HEROを見たかったんだ。それから友達のHOOBASTANK!彼らとは出演日が分かれてしまったね。

S:兎に角、楽しみにしてたのはRihannaだよ(笑) !

-それは凄く残念ですね……(笑)。
今回のライヴも素晴らしかったですが、新作はどの曲も耳に残るキャッチーなナンバーばかりなので、ぜひ単独公演でガッツリ披露して頂きたいと思います。今後単独でジャパン・ツアーを行う予定はありますか?

S:いつも企画してるんだよ!出来れば来年の頭くらいに実現させたいと思っているよ。

J:凄く日本が大好きなんだ。来るたびに、また直ぐ帰ってきたいって思ってるんだけど……。

S:結局2年くらい空いちゃうんだよね。

J:その理由の1つに、Ianがスタジオにこもりがちってのがあるけど……。

S:そうそう、Ianがね……。

J:でも俺はホントにいつも日本に行きたいって思ってるんだ。俺が怠け者じゃなかったら、日本語もちゃんと勉強して……。

S:怠け者じゃなくて、お前は頭が悪いだけだろ(笑)?

J:そうなんだけど(笑)、それでいつかちゃんと自分の家族も一緒に連れて来たいって思ってるんだ。兎に角、また必ず帰ってくるよ!

-期待してます!

J:日本は俺にとって、spiritual home(心の家)なんだ。日本に来ると、精神的に癒されるんだよ。

-日本のファンとは何か思い出深いエピソードなどありますか?

S:エピソードというか、いつも不思議に思うのは、日本のファンって何故か俺たちが来日中に何処に居るかをいつも把握しているんだ。

J:いったい彼女達はどうやって情報を手に入れているのか……。

-そういうファンがいるのは日本だけなんですか?

S:そうだよ、ホテルとか空港に着く時間とか新幹線とか。どうして知ってるのか気になるよ(笑)!

J:そうだよね(笑)!でもそうやって熱狂的に迎えてくれるファンとか、サイン会に集まってくれる大勢のファンとか、いつも温かく歓迎してくれる日本のファンには本当に感謝しているんだ。2年ぶりくらいで訪れても、変わらず応援してくれるしね。もし自分だったら正直2年のうちに飽きちゃうと思うんだ。でも日本のファンはずっとリスペクトしてくれいる。有難いことだよ。