MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROOKiEZ is PUNK'D

2011.08.08UPDATE

2011年08月号掲載

ROOKiEZ is PUNK'D

メンバー:SHiNNOSUKE(Vo&Gt)  2RASH(Ba&Cho)  U(Dr&Cho)

インタビュアー:TETU★KID

-では、ライヴについてお伺いします。ライヴの際にROOKiEZ is PUNK'DはMCでいつもオーディエンスに向けて温かい言葉、感謝の気持ちを投げかけていますね。曲が始まるとオーディエンスがその言葉に返事をするように楽しそうに踊っているのがいつも印象的です。ライヴはROOKiEZ is PUNK'Dにとってどういうものですか?

S:ライヴってパワーを込めないと伝わらないし、その分、お客さんが返してくれるじゃないですか。ライヴって、アウトプットとインプットが同時に存在する場所なんですよ。自分たちを好きで見に来てくれる人がいて、その人たちと時間を共有できるっていうすごく大事な空間。ギブアンドテイクじゃないですけど、出すもん出せばお客さんも返してくれるっていう。

2:リアルな場所ですよ。音源には音源の良さがあるけれど、ライヴでは今はサポート・ギタリストを入れて4人でやったり、アレンジを加えたりしてやっています。最近またライヴに対する意識が変わりました。高校生が初めてコピー・バンドを組んで人前でやっているような、そんな感覚が戻りつつあるんです。で、また新曲が難しくて(笑)。だから、より初心に戻れるんですけどね。良い場所です。

U:ライヴハウスって、色々な感情を持って来ている人が多いと思うんですよ。楽しいと思ってくれるのはすごく嬉しいし、聴いているだけノラなくてもいい自由な空間だし。気持ち良くなってくれれば嬉しい。パワー出していかないといけないですね。

S:俺らはダイブやモッシュをして青春時代を過ごしてきたから、ダイブとかモッシュがないと盛り上がっていない気がするし、そういうライヴをしていきたいんですよ。俺たちの曲にはダイブやモッシュが出来る曲もあると思う。だけど、それだけじゃなくて何かしらメッセージを持って帰れるバイブスが出せるライヴを、これからもしていきたいですね。そこだけは大切にしていきたい。

-SHiNNOSUKEさんにお伺いしたいのですが、長さの違うギター・ストラップを2本付けて曲によってギターを構える位置を変えて演奏していますよね。あれは元々SHiNNOSUKEのアイディアなんですか?

S:そうです。あれで特許を取ろうと思っています(笑)。ただ、ぶっちゃけた話、ギターを変えれば済む話なんですよ(笑)。まぁ俺自身、あのギターが気に入っていたっていうのはあるんですけど。メロディック・パンクが好きだし、低い位置で弾くもんだと思っていたし。だけど、低いとカッティングしにくいし、ブラックなフレーズを弾くには高い方がかっこいいじゃない。つまり、そういうことなんですよ。

2:それだけ色々な曲があるってことなんですよね(笑)。

S:そうなんです。逆に言うと、ストラップの長さを変えないとライヴが出来ないくらい曲にバリエーションがありますよ!っていうことですね(笑)。

2:まぁ、ギターを買えよって話ですね(笑)。

S:あるよ! 別に他のもあるけど......(笑)。上で弾いたら衝撃受ける人がいるんだったらいいじゃん(笑)!

-確かに衝撃でした(笑)。激ロックの読者にはこの記事でROOKiEZ is PUNK'Dに出会う人も多いと思います。そんな初めてROOKiEZ is PUNK'Dに触れる読者にバンドを説明するならば、なんと表現しますか?

U:僕らのジャンルは、ROOKiEZ is PUNK'Dです。

2:一言で言うなら、雑食系男子。肉も、草も、食います。

S:もちろん、楽しさも伝えたいです。それだけじゃなくて、悩みを抱える人に対して、力になれる音楽をやっていきたい。一言で言うなら......"一度聴いてみて欲しいバンド"です(笑)。

-現在の音楽シーンに感じることはありますか?

S:僕らはフィールドがフィールドなので、チャートというものを他の人より身近に感じているのかもしれないですけれど、なんていうか、本当にがっかりだなぁと。こんな時代だからこそ、激ロックに載っているようなかっこいいバンドがもっとオーバーグラウンドに出ていくべきだと思いますね。

-ROOKiEZ is PUNK'Dといえば渋谷がホームですよね(笑)。僕も仕事柄、毎日渋谷に居るのですが、渋谷の若者に一言お願いします!

S:よく学んで、よく遊びましょう(笑)。みんなも渋谷に遊びにきてください。渋谷の人たちは、ROOKiEZ is PUNK'Dを聴いてください(笑)!

-10/5に東京・渋谷STAR LOUNGEにてワンマン・ライヴがありますね。意気込みを聞かせてください。

S:レコーディングもたくさんしたし、ライヴもたくさんやってきたし、サポートのギターも入って、ドラムの馴染んできた状況にあるんで、きちんと色んなものが伝えられる良いライヴにしようと思っているんで、ぜひ遊びにきてください! 激ロックFESから成長した僕らの姿を見せたいと思っています。

-ROOKiEZ is PUNK'Dの今後の目標があれば教えてください。

S:夏フェスに出たいですね。多くの人の前にライヴが出来る環境をどんどん増やしていきたいです。と同時に、オリジナル・アルバムをしっかりしたものを作りたいですね。

2:日本はもちろんなんですけど、海外でやりたいですね。

U:アニメフェス(笑)?

S:(笑)やっぱり色んな人に聴いてもらいたいんで。外に出て、自分たちがどこまで通用するのかを知ってみたい。いつか行けたらいいね。

2:アニメのおかげで外国人からすげーメッセージが来るよね。

S:クロスオーヴァー出来る、かけ橋となる存在になりたいです。一緒にやってきたバンドがたくさんいるんで、みんなで上がっていけるような、そういうバンドになっていこうと思います。