MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

EACH OF THE DAYS

2011.03.07UPDATE

2011年03月号掲載

EACH OF THE DAYS

メンバー:NORIO(Vo) MAKO(Dr) TOTSU(Gt)

インタビュアー:ムラオカ

-ちょっと話変わるんですけど、ライヴ中に面白いハプニングなどはありますか?

N:ライヴ中ですか!?僕がマイクで歯欠けたことですかね(笑)。

-先ほど話のあったインディアンズ唱法で?

N:それが違うんですよ。なんだったかな…ベースとぶつかった時に、歯欠けたのかな。確か神戸の時かな。

-僕が聞いたのは、ギターのHIRO君がライヴ中にギターを回して、NORIO君に当たってしばらくギター回し禁止令が出たという(笑)。

N:あったっけそんなこと(笑)?

-ガセ情報??

T:むしろ回せ回せって言ってたんじゃないですかね。

-膨らまない感じでごめんなさい(笑)。

T:なんかあるかな……。taste of CHAOSの東京、大阪公演両方ともHIROの機材トラブルがありました。SEが流れて、ぱってメンバーが入っていって、NORIOの合図でバーンて楽器隊が入るはずなのに、アンプの調子が悪かったのか、オフになってたのか、音が出なくて、NORIOが出てきてるんですけど、恥ずかしくなって走ってハケに逃げていくっていう、そのNORIOの逃げていく様が面白くて(爆笑)。

M:もう一回やり直そうって(笑)。

N:ああいう大きいフェスの時って客さんあったかいじゃないですか。みんなで盛り上がろうっていう空気出してくれるんで、ワーってなるとこだったのに、始まんない!ってなって、それで、SEもフェード・アウトして、シーンって静かになっちゃって、結局バーンって勢いよく始めれないんで、そのままセンターに行ってMCするのもこの雰囲気ではやっちゃだめだなと思って、言い訳っぽくなっちゃうし。

-僕その時確かDJやってて、すごく心配してました(笑)。

N:人生終わったかと思ったな。気絶するかと思った(笑)。 2日目絶対やるなよって言ったらまたやりやがったよね、アイツ。

T:2日目は弦切ったのか、もう楽屋でボロかす言われて、泣き入ってました(笑)。

-確かにそれはハプニングでしたね。

N:大きいですね。2連チャンですもんね。もう、小杉さんの顔怖くて怖くて。

M:見れないっ!!

N:おめぇら大舞台でよくやったなみたいな(笑)。

-去年だけで考えると、海外とのバンドの対バンがメタル、ハードコアのバンドの中では最も多いんじゃないかなと思ったのですが。

N:毎月あったような気がしますね。

-国内バンドと海外のバンドを比べるとそこに差はあると思いますか。

M:演奏とかじゃなくてもいいんですか?その人達のバック・ボーンっていうか、AUGUST BURNS REDやったら、メタル好きじゃないって言ってたんですよ。ポップなのしか聴かへんって言って、そういうところの面白いリズムから、音質を変えて作っとるとか。FULL BLOWN CHAOSだと、チェロが弾けるとか、クラシックが好きとか、同じジャンルの日本人のバンド比べると、バック・ボーンが違う。色々幅広いような気がしました。

-それ面白いですね。

どっちも良いと思うんですけど、好きな音楽がメタルで、それより良いものを作ってこうっていうのも良いし。いろんなものがあるなって思う。

-サウンド的にはいかがですか?

レベルによって感じるものが違います。UNEARTHとか、IN FLAMESとか、ワールド・クラスになると差は全然違いますね。1年中ツアー回って、世界中のいろんな人種の前でやってきてるので、もう決まってるんですよね、ショーそのものが、完璧に作り上げられてるっていうか、叩き上げて作られたものがあるんで、ここでお客さんが何を求めてるかとか、こういう時にこうやったら盛り上がるとか、もちろん楽曲の良さとかサウンドもそうなんですけど、プロフェッショナルの度合いが、そういうワールド・クラスになれば全然違うというか。そこらへんの差は感じますね。

-ピンキリだけれども、上の部分になるとすごいと感じるのでしょうか?

はい。そういうバンド、さっき言ったtaste of CHAOSの時のIN FLAMESとか、ATREYUもそうでしたけど。UNEARHとか THE BLACK DAHLIA MURDER とかもそうですし。楽曲のオリジナルティもさることながら、ライヴ・パフォーマンスが飛び抜けてるぁっていう。参考になりますね。