MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SET YOUR GOALS

2010.04.06UPDATE

SET YOUR GOALS

メンバー:Matt Wilson(Vo) Jordan Brown(Vo) Joe Saucedo(Ba) Audelio Flores, Jr(Gt)

インタビュアー:山本 真由

-昨日のPUNNKSPRING2010でのライヴでは特大のモッシュ・ピットが出来て盛り上がりましたね!ライヴの感想をお願いします。

Jordan Brown(以下JB):実は開演の10分前まで全然人が居なくて、会場が埋まるのか不安だったんだけど・・・実際ステージに出てみたらみんな集まってきてくれて。

Audelio Flores, Jr(以下A):モッシュ・ピットも出来て盛り上がったな!

JB:そう、デカいサークル・ピットが二つも出来て。今まで日本でやった中で一番良いショウになったよ。

-昨年リリースした2ndアルバム『This Will Be The Death Of Us』の曲も既にみんな覚えていて大好評でしたね。アルバムの曲解説で、現代社会のネガティヴな構造に立ち向かうために“ヒーローなんか持っちゃいけない、自分自身のヒーローになれ!”という強いメッセージを訴えていますが、あなたたち自身はSET YOUR GOALSの音楽が世界を変えると信じていますか?

JB:それが出来ればホントにかっこいいと思うんだけれど・・・。そうだな、俺たちはリスナーに“自分の意見を持て”っていうメッセージを一番に伝えているんだ。いろんな方向からものを見て意見を持つこと、それに自分の信念を持つことが大事だと思うんだ。

-なるほど。ではそのアルバムのアート・ワークについてですが、イギリスのタトゥー・デザイナー、Drew Millwardが手掛けていますね。非常に格好良いデザインですが、デザインの原案やコンセプトはメンバーが考えたものですか?

A:アート・ワークのテーマは、アルバムのタイトルが『This Will Be The Death Of Us(これが俺たちの死になるだろう)』にちなんで、いろんな文化における“死”の見かたを取り上げたんだ。

Matt Wilson(以下M):例えばアイルランドとかの。

A:そう、アイルランドでは死者の目にコインをつけたりする風習があって。あとはスカルや棺やそれらの“死にまつわるもの”をとりあげて、その俺たちのアイデアを基に、デザイナーが自由にデザインしたんだ。

(最後にJordanちょっと何か言いかけてやめる)

-Jordanは何を言いかけたんですか?

JB:メンバーみんなでそれぞれアイデアを持ち寄ったんだ。それを最終的にDrewが色々調べくれて、アート・ワークが完成したんだよ。

-なるほど。アルバムのことはこれくらいにして。
ちょっと話が変わるのですが、SET YOUR GOALSは激ロックでコラムを連載中ですよね。前回のコラムで、ギターのDanが“俺たちメンバーにお寿司とかお菓子を食べられないように気をつけてね!”って言っていましたが、普段キッズたちにそういう悪戯をして遊んだりするんですか?

JB:昔はね、そういうこともあったかな。誰かんちで。

A:そうだな。昔は貧乏で、人の家に泊まった時にみんな寝静まったあと、キッチンに行って冷蔵庫やら棚やら漁ったりしてたよ(笑)。腹減ってたんだよ、サバイバルさ。

一同:(笑)。

-一昨日、Twitterに「お寿司を用意して待ってて!」みたいなことをつぶやいていましたね。もうお寿司は食べましたか?

A:日本についてホテルに荷物置いて、何よりまず一番に渋谷のお寿司屋さんに行ったんだよ!それから、今朝また朝一で・・・つくじ?だっけ?

M:築地だよ。

A:そうそう、築地にJordan とMattと行って、またお寿司食べてきたよ!あれは最高だったなぁ。

JB:今まで食べた中で一番おいしかったよ。

-お寿司は楽しめたみたいですね。今回で3度目の来日なわけですが、他に日本に来るといつもする事とかってありますか?

JB:いつもお寺を見に行くんだ。それに、今回は桜が咲いているし。

M:そうだね、桜も見たいね。

JB:桜の花は二週間しか咲かないんでしょ?

通訳さん:だいたいそれくらいですね。

A:凄いチャンスだな。

JB:俺たち桜の花を見るのは初めてなんだ。明日都合がつけばお寺に行って、ついでに桜の花も見てこようと思うよ。

Joe Saucedo(以下JS):次の機会には温泉に行きたいんだけどな。

JB:でも俺たちみんなタトゥーがあるから、事前に予約しなきゃいけないんだ(笑)。

-(笑)。日本にはだいぶ慣れたと思うんですが、日本のバンドとも交流がありますよね?日本のパンク/ハードコア・シーンについてどう思いますか?

JB:日本には凄く強いシーンがあると思うよ。最初に来日した時にFC FIVEやENDZWECKと対バンしたけど、ほんとに楽しかったし。

JS:みんな批判もしないし、カッコもつけないで、凄く楽しんでいるっていうのが素晴らしいと思うよ。

JB:それに日本では、海外からバンドが来ると凄く良くケアをしてくれるし。ほんとに純粋にライヴを楽しめるから、日本は好きだよ。