MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SET YOUR GOALS

2008.02.12UPDATE

2009年08月号掲載

SET YOUR GOALS

メンバー:Jordan Brown(Vo) / Matt Wilson(Vo)

インタビュアー:吉野 将志

-はじめまして!!フリーペーパーの「激ロック」と申します。本日はインタビューよろしくお願いします。

-SILVERSTEINとはオーストラリアツアーでも一緒だったそうですね。今回も日本で共演となりましたが、いかがでしたか?

Jordan(以下J):すっごくよかったよ!!
Matt(以下M):日本に来て初めてのライブだったからどうなるかわからなかったけど、みんな温かく迎えてくれてよかったよ。

-日本では「セッチュー」という愛称で親しまれていますが、地元ではどんな風に呼ばれているのですか?

M:S.Y.G
J:S.Y.Gと呼ばれているよ。

-SET YOUR GOALSのYOURって誰なのですか? 私も入っていますか?

M&J:(笑) J:名前の由来はもともとCIVってバンドのアルバムから来ているんだけど、YOURってのは自分たちのことでもあるし、みんな(キッズ)のことでもあるんだ!!

-SET YOUR GOALS というバンド名はCIVの95年のアルバム「SET YOUR GOALS」に由来しているとのことですが、このバンド名にはあなた方のどのような気持ちが込められているのでしょうか?

J:名前を考えるときにいろいろとアイディアはあったんだけど、CIVはもちろん、GORILLA BISCUITSも好きだから、「SET YOUR GOALS」って名前が出たときに一番しっくりいったんだ。

M:同じ名前の「SET YOUR GOALS」って曲も一番好きだったのもあるんだ。

-バンド結成までの経緯を簡単に教えて頂けませんか?

M:1999年か2000年のNEW FOUND GLORYのライブでジョーダンと知り合って、ジョーダンがギターでいろいろな曲を作っていたから、じゃあメロディックなバンドをやろうよって話になったんだ。そのときドラムのマイクがジョーダンとバンドを組んでいたので3人でやろうよって話になったんだ。

J:その三人がもともとのオリジナルメンバーで、それからどんどんメンバーが決まっていって今に至るようになったんだ。

-あなた方のツインボーカルというスタイルは数あるパンク・バンドにおいて極めて珍しいと思うのですが、なぜツインボーカルというスタイルをとっているのでしょうか?

J:最初は俺がギターを弾いて、ボーカル1人でやろうとしたんだけど、もとからツインボーカルのバンドが好きだったから、それでツインボーカルをやってみたらいい感じだったし、お互いの部分を補ったりできたからなんだ。

M:実際にこのバンドをやってみるまでこんなにうまく、しっくりいくとは思わなかったけど、今ではやってよかったなと思っているよ。

-ツインボーカルのバンドが好きだったということなのですが、どのようなバンドが好きだったのですか?

M:TAKING BACK SUNDAYだね!!  J:そう、TAKING BACK SUNDAYのファーストアルバムが好きなんだ。うちのバンドに関していうと、何も楽器をもたないツインボーカルというスタイルなので、他のバンドにはないダイナミックさや広がりがあると思うんだ。

-いま、楽器を持たないツインボーカルというスタイルなのでダイナミックさや広がりが出るとおっしゃいましたが、そのダイナミックさや広がりというのはライブにも反映されると思います。あなた方がライブを盛り上げる際に心がけていることはありますか?

J:今日COMADREがライブで言っていたように、「ステージに立っているからといってみんなの上にいるわけじゃない」との言葉にうまく表されているように観客との温度差をなくして、一緒に盛り上がろうとすることを一番心がけているよ。

M:俺もそういうことを心がけているよ。またそういうところがハードコアにはまるきっかけでもあったんだ。

-カルフォルニア州のベイエリアといえば、GREEN DAYやNEW FOUND GLORYなどをはじめとする、数々の良質なパンク・バンドの出身地でもありますよね。あなた方はカルフォルニア州のベイエリアには、なぜこのような良質なパンク・ロックバンドが多いと思いますか?

J:要は影響され合ってちゃんと受け継がれているってことが一番の理由なんじゃないかな。もともとOPERATION IVYなどのバンドに、新しいバンドが影響を受けつつ、新しいものに変えていっていると思うんだ。世界中にはいろんないいシーンはあるけど、ベイエリアはそういうところが一番強いんじゃないかな・・。