MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LOSTPROPHETS

2009.12.12UPDATE

2009年12月号掲載

LOSTPROPHETS

メンバー:Jaime Oliver (Keyboards&Turntables&Vocals)

インタビュアー:MAY-E

-「Rooftops」にも匹敵する名曲「Darkest Blue」は、これまでのLOSTPROPHETSらしさを押さえながらも"ヘヴィ・ロック・バンド"からの脱却を感じさせます。特に「Darkest Blue」の壮大なサウンド・アプローチが興味深いのですが、本作で新たにチャレンジしたことを教えて下さい。

もちろん、俺たちは曲を作る時には常に自分たち自身にチャレンジしているよ!「Darkest Blue」はヘヴィ・ロックの典型的な例のような曲だけど、歌詞をよく聴いてみると、とても暗く、深い闇に包まれている。これは俺たちにとって新しい試みなんだ。今まで"Wake up!(目を覚ませ!)"とか、"Start something, do something with your life.(新しいことをはじめるんだ、人生を変えてやるんだ)"みたいな歌詞の曲が多かったけど、今作の楽曲はIan自身の心境・精神状態がすごく反映されていて、楽曲は「溺れる」ということを比喩的に表現しているものが多いように俺は感じている。見えない何か、例えばサイレンとかによって、暗い場所に導かれているイメージ。もしかしたら、歌詞に出てくる"you"とはIan自身なのかもしれないね。このアルバムでは、世が秘めている暗さがLOSTPROPHETS特有の壮大なコーラス仕立てになっているんだ。この間、誰かが「Darkest Blue」を"Incubusがバンド活動中ずっと書こうと試みていた曲"と表現していたんだ。俺はこの言葉を素晴らしい褒め言葉としてありがたく受け取ったよ。

-ソングライティングのプロセスはデビュー当時から変わりましたか?

今回のアルバム制作で、俺たちはすべての作業を自分たち自身でこなしたり、編集したり、やめる決断をしたりする責任があったんだ。今までは、こういう責任はプロデューサーにもあったから、彼らに任せていた部分だったからね。今回のこういう経験のおかげで俺たちはバンドとして、そして人としてよりタフに、より自分に自信を持つようになったんじゃないかな。また、ソングライティングの過程でも俺たちは自分たち自身の感性・決断、そしてメンバーを信じることを強いられた。その結果、バンドに強い絆が生まれたよ。俺は、デビューから10年経った今もバンドの楽曲を最高の友達と共に書けることが俺の特権であると、とても幸せに思うよ。今回のアルバムのソングライティングにはメンバーは今までで一番真剣に、そして責任を持って、進んで参加したよ。それがちょっとした違いかな。

-楽曲に合わせてIanのヴォーカル・ワークも更に幅が広がったように思いますね。

うん。さっき言ったことと重複してしまうけど、Ianは今作の楽曲には素の彼自身とバンドの今までの経験を正直に反映させることに努力したんだ。他のメンバーもそれに賛成して、応援していたよ。当たり前だけど、バンドのメンバーはそこら辺のプロデューサーよりもIanのことを深く理解している。だから、俺たちはIanが表現したいことを形にする手伝いをすることができたんだ。Ianの声はすばらしい。アルバムを聴いてみれば、みんなもそれが分かると思う。プロデューサーがメンバーのStuartだったことで、Ianは気持ちの全てを楽曲に表すことができた。Ianは100%、本当に全てを出し切ったんだ。レコーディング中、服の袖をつかんで、手を拳にして歌っていたこともあったよ。『The Betrayed』を聴いたら、今俺が言っている言葉の意味が間違いなく分かるよ。

-新作を引っ提げて来日の予定はありますか?

もちろんだよ!新しいアルバムの盛大なパーティーから日本のファンを俺たちが除外すると思うかい!?俺たちは日本のファンを愛している。可能な限り日本に行きたいと思っているよ。

-楽しみにしています。インタビューありがとうございました。

こちらこそありがとう。今回、自分のことをこうして色々話せて良かったよ。また会おうね。