MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NEW FOUND GLORY

2009.04.08UPDATE

NEW FOUND GLORY

メンバー:Jordan Pundik(Vo) / Chad Gilbert(Gt)

インタビュアー:MAY-E / TETU★KID

-前回はSUMMERSONIC08のプレスエリアでのインタビューでしたね。炎天下ですごく暑い中インタビューに応じてもらったのですが・・・

Chad Gilbert(以下:C):ああ、良く覚えてるよ。屋外のインタビューで俺にとっては結構気持ち良かったけどね(笑)

-そうですね(笑)ではインタビューに入らせてもらいます。

Jordan Pundik(以下:J):OK!

-最近では、新人バンドだけでなく、キャリアのあるバンドのいくつかがEpitaph Recordsに移籍していますね。あなた方も前回のインタビューで「Epitaph Recordsが一番真剣かつ前向きな姿勢でアプローチしてくれたから契約を決めた」と語ってくれましたが、同じくEpitaph Recordsに移籍をしたSTORY OF THE YEARのメンバーも同じことを話してくれました。ひとつひとつのバンドに愛情を注いでいるインディーズ・レーベル独特の良い空気が伝わってきます。レーベル・オーナーのBrett社長は常にバンドに近い存在なんですか?

C:そうだね。Epitaph Recordsくらい巨大なレーベルだったら、大学では経済学を学んでいて音楽のことなんて全く理解していないスーツを着込んだビジネスマンが会社を動かしているのが当たり前だと思うんだ。でもEpitaph Recordsは、BAD RELIGIONで音楽を体で体感してきたBrettが社長を務めて会社を動かしている。彼は自分でバンドをやって良いことも悪いことも両方を味わってきた人間だから俺たちの気持ちや意見を本当によく理解してくれるんだ。だから凄く現場を理解したアドバイスもしてくれるし、バンドに親身になって接してくれる。Epitaph Records がTHE OFFSPRINGみたいなビックバンドを上手く運営できるのも、彼がいるお陰だと思うよ。

-なるほど。最近では、音楽のDL販売などが主流となってきています。レコードが売れない時代になってきていますが、そういう近年の音楽業界の傾向について、Epitaph Recordsやあなた方自身はどうお考えなんでしょうか。

J:初めて自分が買ったCDっていうのは誰でも覚えていると思うんだけど、自分が初めてダウンロードしたCDなんて誰も覚えてないだろう?
C:CDっていうのは形があるから良いんだよ。ダウンロードしたデータなんて要らなくなったらボタンひとつで消してしまえるよね?あと、歌詞カードも付いていないし、バンドの姿も分からない。そんなものじゃなく、歌詞カードのデザインから伝わってくるもの、バンドの写真から伝わってくるもの、そういったすべてをひっくるめて一つの作品なんだと俺は思ってるよ。CDを聴きながら歌詞カードって見るだろ?凄くいい歌だな、良いメロディーだなって思っていても、歌詞を見たらなんだこれ?って、急に冷めてしまうこともあるように、良いことも悪いこともあるけれど、そういうすべてをひっくるめて作品なんだと思うんだ。
J:俺は売り方やファッションや格好なんかのヴィジュアル面の前に、情熱が大事なんだと思っていつも自分に言い聞かせているよ。

-音楽業界の将来を考えて不安になることはないですか。

C:確かにCD自体の売り上げは下がっているよね。だからといってダウンロードが今後減るって言うわけでもないしね。景気が悪いっていってもライヴをやれば誰かが観に来てくれるしね。日本でもSUMMERSONICやPUNKSPRINGというフェスがあれば2万人もの人が集まってくれるだろ?日頃のストレスを発散させたり、現実逃避したりするために音楽って言うのは必ず必要なんだよ。だから音楽業界が悪くなっていってどうしようと不安になるよりは、音楽業界が今後どういう方向に進んでいくべきなのかということの方が大事だと思うな。

-そうですね。 新作『Not Without A Fight』を聴かせて頂き、大変気に入っております。初期NFGを思い起こさせるキャッチーでアップビートなサウンドの中にブレイクダウンパートも盛り込まれ、これまでの作品の中で最も力強いアルバムだと感じました。「これまでより、さらに進化したサウンドを追及した」との話ですが、あなた方のいう進化したサウンドとは具体的にどのような部分でしょうか。

C:特にどの点がというのを挙げるなら、歌詞とギターリフかな。で、その中でも特に重点を置いたのはギターリフだね。今までの自分たち、そしてこれからの自分たちをどのようなバランスで組み込んでいこうかと考えて作ったんだけど、それが今までのどのアルバムよりも最高のバランスを保つことが出来たと思っているよ。本作を作りながら僕たちが今後何がやりたいのかということがすごく明確になってきたし、本作は過去の作品の良いところをすべて含んでいる最高のアルバムになったと思うよ。

-新作は原点回帰的作品と捉えられていますが、実際に楽曲制作やレコーディングの仕方なども原点に戻したのですか?

C:うん、今回は本当に一枚目のアルバムを作ったときの感覚に非常に似ているんだ。実際にレコーディング作業をしていたときはEpitaph Recordsともまだ契約もしていない状況で、まさにインディの感覚で作業をしたっていうこともあったからね。だから純粋にファンがどんな音楽を聴きたいのか、自分たちはファンにどんな音楽を聴かせたいのかということを念頭に置いて作っていった。そうやって出来た音源を色んなレーベルに聴いてもらいながら契約先を探していたんだから、まさに初期の頃のことを思い出したね(笑)