MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

IN FLAMES

2009.04.06UPDATE

IN FLAMES

メンバー:Anders Friden (Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-『 A Sense of Purpose 』の次のアルバムの曲作りは始まっていますか?

アイディアはたくさん浮かんでいるんだけど、具体的に形になっているものは何もあがってないんだよね。で、実はこのツアーが終わったらオフに入ろうかと思っているんだよね。オフは一年間くらい取ろうかと思っているよ。アルバムを作ってはツアーに出てっていう生活を続けていて、僕たちメンバー全員家族持ちなんだけどかなり生活を犠牲にして家族に厳しい状況を味合わせてきたから、ゆっくり休んでまた新しいパワーを充電しようと考えているんだ。ただ俺の脳みそ自体はオフの間でも動いているから新しいアイディアはドンドン浮かんでくるよ。具体的に速くなるのか、よりへヴィになるのかそういう部分はまったく判らないけど、俺たちらしいアルバムになることには間違いないと思うから期待していてもらいたいな。

-次のアルバムで10枚目となりますね?10枚目という節目に当たる作品ということでなにかスペシャルなことは考えていますか?

そうだね、それは周りからもよく言われるんだよね。自分でも意識はしてるんだ。俺たちの中では今まで作ってきたアルバムとはなんら変わらずに全力を注ぎこむだけなんだけど、その一方でこのシーンにおいて最前線で活動できてきたっていうことに対して感謝を表したいっていう気持ちもあるんだよね。10枚アルバムを作れるって言うことは本当に凄いことだと思うし、何かしら特別なことはしたいなとは思うよ。

-今回、Jesper Strombladが来日していないという話を聞きました。アルコール依存のリハビリのためという噂も聞いたのですが実際はいかがなのでしょうか?

その通り、事実だよ。オーストラリアの前に南アメリカをツアーしてたんだけど。そのツアーを周る2,3日前に彼がリハビリに入ってしまって急遽Niklas Engelinにヘルプを頼んだんだ。彼には今までに何回も助けてもらっているから、予想以上にバンドに馴染むのは早かったよ。詳しいことはいずれ本人が話をすると思うけど、ずっと前からの問題ではあったんだ。で、ここに来て健康を最優先しなくてはならない状況になってしまったんだ。

-お話を聞く限りかなり急なことだったと思うのですがNiklas Engelinは快く引き受けてくれましたか?

本当にラッキーなことで彼のスケジュールが空いている状態だったために彼も快く引き受けてくれたよ。自分のバンドで忙しい人ではあるんだけど、昔からの知り合いだし、演奏もうまい、そして何より曲を覚えるのが本当に早いんだ。もちろん彼にとっても今回のことはすごくアドベンチャーなことだとは思うけどね。そういえば、俺たちが初来日したときも彼が一緒だったんだよね。日本にはなぜか縁があるみたいだね。

-日本に強い縁があるんでしょうね(笑)

今回、17曲演奏する予定だったんだけど、彼は曲を全部2,3日で覚えてくれたんだ。こういう状況もあって自由にどの曲でも演奏できるっていう訳じゃないんだ。LOUDPARK06が終わった後でもJesper Strombladがリハビリに入ってしまって、今回のような状況に陥ったことがあったんだよね。日本が絡むとこういう事態が起きるんだけど、日本のファンのみんなが悪い訳じゃないから安心してね。

-話は変わりますが、最近のスウェーデンのシーンはいかがですか?

まったく知らない(即答)ごめんね、地元にまったく居ないから地元のシーンについてはまったく判らないんだ。もともと新しいバンドを追いかけることも得意じゃなかったからというのもあるんだけどね。期待に添えなくてごめんね。

-東京2公演、大阪1公演の3日間滞在というタイトなスケジュールですが、食べてみようと思っていたものや行ってみようと思っていたショップなどがありましたら教えてください。

ウイスキーが大好きなんだ。呑むだけじゃなくて、ウイスキー自体に興味があって集めたりしてるんだ。普段は通販とかネットで手に入れているんだけどね。このツアーが終わってオフに入ったら友達とスコットランドに行ってウイスキー工場を見学しようと思っているんだ。明日、東京のウイスキーのお店に行こうと思っているよ。