MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FROM FIRST TO LAST

2008.06.23UPDATE

FROM FIRST TO LAST

メンバー:Matt Good(Vo,Gt)/Travis Richter(Gt)/Matt Manning(Ba)/Derek Bloom(Dr)

インタビュアー:MAY-E

-初来日、おめでとうございます。

Matt Good:ありがとう。最高の気分だよ!
Matt Manning:日本をとても気に入ったよ。
Travis:うん、本当にね。
Derek:僕らは今まで色んなところにツアーに行ったけど、その中でも日本は特にクールな街だと感じているよ。

-観光には行きましたか?

Travis:昨夜日本に到着したばかりだからまだあまり見れてないけど、夜は渋谷を出歩いたよ。
Matt Manning:僕は、日本に来てさっそくこのスニーカーを買ったんだよ!

-アメリカではアルバムがリリースされたばかりですね。ちょうど輸入盤が日本のレコードショップにも並んでいる頃ですが、ご覧になりました?

Travis:ああ、そうだよね!
Matt Good:まだタワーレコードなんかのレコードショップには行けてないんだけど、今晩か、明日にでもぜひ行ってみたいと思っているよ!
Derek:僕は、迷子になったときにタワーレコードの看板だけは見たけど、まだ中には入っていないよ(笑)
一同:笑

-(笑)どこで迷子に?

Derek:ちょっとタバコを買いに出たら、小道に迷い込んでしまって、その間にみんなどこかにいっちゃったんだよ(笑)

-大変でしたね。アメリカのファンからのニュー・アルバムの反応はいかがですか?

Travis:反応はすごく良いよ!前作のアルバムからしばらくあいてしまったから、みんなその分、期待して待っていてくれたみたいだよ。実際にアルバムがリリースされてからは、マイスペースなんかにはポジティヴな意見がたくさん寄せられているんだ。

-マットは前回のインタビューで「ライブでギターを弾きながら歌うことは、良いチャレンジになる」と仰っていましたが、調子はいかがですか?
(※前作でボーカルを努めていたSonnyが脱退し、それまでギターを担当していたMatt Goodが今作からボーカルも努めています)

Matt Good:うん、いい感じだよ。確かに、ギターとメイン・ボーカルの両方を努めるのにはしばらく時間がかかったんだけど、ツアーを重ねるにつれてそれは自然なことになってきた。ボーカルをやる前はギターをやるだけだったから、何も考えずに、緊張せずにステージに上がっていたんだけど、今はようやく緊張しなくてもステージに上がれるようになったんだ。今の4人の形態が、ようやくバンドの自然な姿になってきたってところかな。

-過去のアルバムからの曲をプレイする難しさはありますか?

Matt Good:そうだな。楽ではないけど、難しくもないよ。昔の曲を全部ライブでやるわけじゃないしね。
Travis:だけど、僕らが昔の曲をライブでプレイすると「前よりぜんぜんかっこいいよ!」ってキッズ達から言われるんだ。それはすごく嬉しいことだね。

-そうですね。最近のスクリーモ・シーンは、ボーカリストが変わるバンドが多いですよね。BLESS THE FALL、EMAROSA、DANCE GAVIN DANCE、A SKYLIT DRIVEなどについては、作品ごとにボーカルが交代していますが。

一同:爆笑
Travis:それについては面白い話があるんだよ。
Matt Good:そう。実は、このバンド(DANCE GAVIN DANCE)は俺たちと一緒にツアーをまわった後にボーカルが抜けて、このバンド(BLESS THE FALL)はツアー中に、このバンド(A SKYLIT DRIVE)もそうだよ。このバンド(EMAROSA)以外のバンドとは、一緒にツアーをしたことがあるね。
Travis:でもEMAROSAも知ってるから、彼らはみんな知っているよ。
Matt Manning:うん。僕らと一日でも一緒にツアーしたバンドは、みんなその後にボーカルが抜けてしまうんだ。
Derek:俺たちの呪いかもしれないなぁ(笑)
Matt Manning:バンド同士でボーカリストを交換するなんて、面白い話だよね。僕らと一緒にツアーをしたら、きっとボーカルが変わっちゃうよ。
一同:笑

-そうだったんですか(笑)これについてA SKYLIT DRIVEのNick(Gt)にインタビューをした際、彼は「それだけコミュニティが密着して、いい環境になってきているからだ」と話してくれました。あなた方から見て今のシーンはいかがですか?

Travis:そうだね。DANCE GAVIN DANCEらは仲が良いみたいだから、バンドの間でボーカリストを交換したりもするんだけど、それは僕らの状況とは全く違うと思うんだ。僕らは、「あのボーカリストのほうが良いから、今のボーカリストをクビにしよう」とか、そういう事ではなくて、「ボーカリストが辞めてしまった。さぁ、これからどうしよう」という具合に困っていたんだから。そういう意味では、この中ではBLESS THE FALLに近い状況なのかもな。BLESS THE FALLも、ボーカリストが辞めたからってすぐに新しいボーカリストを迎え入れようとしているわけじゃないみたいだから。