MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

FEATURE

DEVILDRIVER

2009.07.13UPDATE

グルーヴィーにダイナミックに、更なる高みを目指すDEVILDRIVER最新作!

ライター:KAORU

エクストリーム・メタル・バンドの中でも、今一番来日を切望されているのが、このDEVILDRIVERだろう。彼らのライヴにおけるモッシュピットの巨大さは、日本人の我々には想像を絶するものであり、ギネスブックに申請されているほどだ。それだけ、観衆の心を一つにするだけの演奏力と、カリスマ性を持ち合わせていることの証拠に他ならない。

前作『The Last Kind Words』は、筆者のその後の音楽の聴き方を大きく変えてくれた、あまりに素晴らしいアルバムであった。もちろん、前2作『Devildriver』、『The Fury Of Our Maker's Hand』も甲乙つけ難いほど名盤である。特に『The Fury Of Our Maker's Hand』をDEVILDRIVERの最高傑作だと言う人は多い。しかし、筆者は圧倒的に『The Last Kind Words』に惚れてしまった。ブルータルでドラマティックな雰囲気に包まれ、曲構成が非常に巧みであることは前2作と同様ではあるが、楽器隊の凄まじい演奏力とセンスの良さ、一曲一曲の完成度の高さとグルーヴ感は、前2作をはるかに凌いでいるのではないだろうか。更に、エクストリームながらも大変聴きやすい音質になっていることも大きな特徴だ。ドラムの音がこれでもか!と強調されていることも、曲のグルーヴを増幅する役割を大きく担っている。

DEVILDRIVERは、『The Last Kind Words』で確固とした地位を確立した。筆者は、そして多くのリスナーも、もう“これ以上”を望んでいなかったのではないだろうか。それだけ『The Last Kind Words』は、これ以上ないほどエクストリームで、これ以上ないほどグルーヴィーで、これ以上ないほどポップという、凄まじい作品だったのである。

しかし、『The Last Kind Words』から約2年が経った今、DEVIDRIVERはいとも簡単に“これ以上”の先にある、更なる高みを目指す勇姿を我々に示してくれたのである。
7/8に日本先行リリースとなる新作『Pray For Villains』。この作品について、Dez Fafaraはこうコメントしている。


「俺たちは、以前よりブルータルに、ヘヴィに激しく、そして速くしようなんて思わなかった。俺たちにそれが出来るって事はもう分かってたからな。それよりも、グルーヴや、ダイナミックさを重視したんた。」


元MACHINE HEAD、SOULFLYのギタリストであり、CAVALERA CONSPIRACY、DIVINE HERESY、FIVE FINGER DEATH PUNCH等を手掛けてきたLogan Maderをプロデューサーに迎えたこの作品は、Dezの言う通り、『The Last Kind Words』や前2作のグルーヴ感とはいささか赴きが異なる。『The Last Kind Words』までがメタリック・グルーヴだとすると、『Pray For Villains』のグルーヴには、よりロックン・ロールのグルーヴ感が加えられているのだ。それはアルバムの幕開けとなるタイトル曲「Pray For Villains」から如実に現れている。この曲は『The Last Kind Words』の冒頭曲「Not All Who Wander Are Lost」を彷彿とさせる曲構成ではあるのだが、よく聴き比べてみると、「Pray For Villains」には、よりロックン・ロールのグルーヴ感が持つ、一種の温かみが増していることに気付くだろう。その独特のグルーヴが、アルバム全体を通して貫かれているのだ。

そして、一体どのような音楽体験をしてきて、どのような脳構造をしていればこんな曲が作れるのだろう?と思ってしまうほど、曲構成の巧みさには今までも定評のあった彼らだが、今作も我々を充分に唸らせてくれる曲が満載だ。特に「Pure Sincerity」では、多くの人が、曲の前半から後半にかけての意外な展開と爆発力に驚かされるだろう。
DEVILDRIVERのネクスト・レヴェルが示された「I've Been Sober」は、不穏なメロディラインから一気にドラマチックな展開となり、ザクザクと切り刻むリフと、Dezが今まで我々に聴かせたことのないメロディアスな咆哮が絶妙に絡み合っている。そう、『Pray For Villains』は、Dezのヴォーカリストとしての更なる成長を、大きく示している作品でもある。「Teach Me Whisper」を聴けば、一目瞭然だ。

まだまだこの作品について紹介したいことは山ほどあるのだが、スペースが足りない。一つだけ強く主張させていただくならば、これは素晴らしい作品だということである。常に需要以上の物を与え、見る者、聴く者に新たなインスピレーションを与えることがアーティストの天命であるが、DEVILDRIVERは正にその天命を全うし、飽くなき努力と挑戦を続けている。『Pray For Villains』を聴きながら、その勇姿が生で拝める日が来ることを、静かに、いや、頭を思いっきり振りながら待っていようではないか。

  • 1