MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Wait for me

キム・ヒョンジュン

『Wait for me』

Release Date : 2018-09-26
Label : インディーズ
¥2,000

前作よりわずか3ヶ月強のスパンで今作『Wait for me』をドロップ。収録曲すべて前作以降に制作したというから創作意欲溢れる良好なコンディションなのだろう。前作ほどラウドロックに特化していないぶん、前作以上にバリエーション豊かな作品となっている。表題曲はヒョンジュンのアコギとヴォーカルから始まり、クライマックスでは重厚でドラマチックなオーケストラの演出が心憎い秀曲。MVでのオーケストラとの共演も見応えあるのでそちらも必見だ。エモーショナルなバラードの「Paradise」や日本語の美しさが際立つ「四季」(Type-D収録)も素晴らしいが、個人的にはシューゲイザー的なディストーション・ギターが荒々しくも美しい「SO WHAT?」(Type-C収録)を強くお勧めしたい。 村岡 俊介