MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Runny Noize is better than medicine

Runny Noize

『Runny Noize is better than medicine』

Release Date : 2018-08-01
Label : YOSHIMOTO MUSIC ENTERTAINMENT CO.,LTD.

よしもと所属芸人"ラニーノーズ"の2名がヴォーカル・ギターを務める本気のメロディック・パンク・バンド、Runny Noize。2ndアルバムとなる今作では、パフォーマンス面でもライヴで鍛えられた実力が垣間見え、制作面でもTOTALFATのKuboty(Gt/Cho)がサウンド・プロデュースを手掛けた楽曲があるなど、完成度はさらにアップしている。そして、これまでネタでしか披露していなかった日本語詞にも挑戦。小気味よいラップの言葉選びのセンスも、"さすがは芸人さん!"という感じだ。2足のわらじで勝負していることがきちんと生かされた作品となっている。ちなみに、ちゃんとネタが仕込まれているというのも聴きどころ。メロコア・キッズはもちろん、お笑い好きの音楽リスナーは必聴の作品だ。 山本 真由