MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Gate of Fantasia

CROSS VEIN

『Gate of Fantasia』

Release Date : 2018-03-21
Label : zenorecords
¥3,240

歌姫JULIA擁する6人組によるニュー・アルバムは、HIZAKI(Versailles/Jupiter/Gt)をプロデューサーに迎え、シンフォニック・メタルの主軸にさらなる広がりを見せた飛躍作に仕上がっている。鍵盤奏者を含む重厚な演奏力はもちろん、その上を羽ばたくJULIAの透明度の高いヴォーカルは素晴らしいのひと言。バンド内にふたりのソングライターを抱える特性を生かし、メタルが軸にありつつも、クラシックを引用した「Masquerade~交響曲第25番~」、雄大なバラード風味の「fate」など多彩な攻めを見せており、バンドの様々な表情に光を当てた作風となっている。表題どおりに、ファンタジックな音絵巻を繰り広げた楽曲群は、メタル好き以外の幅広い層にアピールする内容。作品トータルの完成度も高い。 荒金 良介