MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

TEARS OF MESSIAH

CONCERTO MOON

『TEARS OF MESSIAH』

Release Date : 2017-10-25
Label : Walkure Records
¥3,780

70年代、80年代のハード・ロック/ヘヴィ・メタルを基盤に己の美学を貫き続ける彼ら。移籍第1弾になる12thアルバムは、力強いリフや楽曲に寄り添った煌びやかな超絶プレイのギター・ソロはもちろん、久世敦史のパワフルなヴォーカルは曲調によって様々な表情を見せ、1枚通して色とりどりの楽曲が揃った。メタルの範疇から軽やかに飛び出したノリのいい「Lift My Life」は、今作の中でもいいフックになっている。RAINBOW風味の「Don't Wanna Cry No More」のようなメロディアスなナンバーも、CONCERTO MOON流に消化したサウンドでシンガロングせずにはいられない。ほぼ日本語詞で挑んだ「Time Of Revenge」の男臭い歌メロもかっこよし。全編にわたり、高いクオリティをキープした会心作と言いたい。 荒金 良介