MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

Let's Be Animals

THE DOWNTOWN FICTION

『Let's Be Animals』

Release Date : 2011-08-03
Label : ワーナーミュージック・ジャパン
¥2,037

過去に2枚のEP『The Downtown Fiction』(09年)と『Best I Never Had』(10年)をリリースし、メロディック・エモ界のブライテスト・ホープとしてその名を馳せていたバージニア州フェアファックス出身の3人組が、この度晴れてメジャー・デビューを獲得。1stアルバムとなる今作は、本国のラジオ・チャートのトップ20にランクインしている「I Just Wanna Run」のような大人びたポップ・チューンから若さ溢れる疾走系ナンバーまで、軽やかなギター・ロック・サウンドと圧倒的にキャッチーなメロディを武器に様々な表情を覗かせる。PLAIN WHITE T’Sも手掛けたAMERICAN HI-FIのシンガー、Stacy Jonesがプロデュースを担当。さらりと聴ける、初夏にオススメの一枚だ。 MAY-E