MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

The Panic Broadcast

SOILWORK

『The Panic Broadcast』

Release Date : 2010-06-30
Label : マーキー・インコーポレイティドビクター
¥3,666

オリジナル・ギタリストPeter Wichersの復帰によりギターソロが全編に渡ってフューチャーされている最新作『The Panic Broadcast』。サウンドがスピーディーでヘヴィになったことに比例してか、ヴォーカル、Bjornのスクリームも今まで以上にアグレッシヴになった印象を受ける。しかしながら全編スピーディーでスラッシーなアルバムになったのかと思いきや、Track.5「Night Comes Clean」のようなミドルテンポでフューチャリスティックなメロディが印象的なナンバーや、Track.7「Let This River Flow」のようなヘヴィでありながらもキャッチーで哀愁溢れるトラックまで幅広い楽曲を揃えている点は◎。彼らやIN FLAMESに影響を受けている今勢いに乗っている若手スウェーデン・バンドである、SONIC SYNDICATEやDEAD BY APRILにはまだまだ負けていない貫禄を見せ付けてくれた充実作。 ムラオカ