MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BRIDEAR

2017.03.13UPDATE

2017年03月号掲載

BRIDEAR

メンバー:KIMI(Vo) 美弦(Gt) Misa(Gt) 晴琉(Ba) KAI(Dr)

インタビュアー:米沢 彰

-この「Get Over」のツインのソロも長いですよね。こういうのが好きなんだなって。

美弦:好きです。だいたい私が好きなメタル・バンドってソロ長いんですよ。......まぁ、メタル・バンドはたいてい長いですよね(笑)。イントロとソロとアウトロだけで1曲分くらいあったりするじゃないですか。

-あるあるですね。

美弦:なので、メタルらしくって思ったら長くなっちゃいました(笑)。

-たしかに、メタルはたまに"まだ行く?"っていう展開ありますよね。でも、これだけ弾けたら作ってても弾いてても楽しいんじゃないですか?

Misa:楽しいですね! "私のターンだ!"って感じがします(笑)。

美弦:私はハモりの方が好きです。2本でハモるのが。

Misa:それも好き。

-それぞれ違うんですね。ちなみに、ギター・ソロが長いときって......。

KIMI:いや、もう休憩タイムです(笑)。

一同:(笑)

KIMI:こういう曲だと特に、キーが高くてロング・トーンが続くので、息を整えるのにソロが長い方が助かりますね! で、ソロのあとはいきなり高いサビがガッと来るので、そこに備えてる感じです(笑)。

-はるか昔、HELLOWEENもどこかのインタビューで同じこと言ってました(笑)。

一同:(笑)

KIMI:みんな同じなんだ(笑)!

KAI:ドラムはキツイ......ヴォーカルみたいに休憩ないから、たまに"水飲みてぇ!"とか思いながらさ。

Misa:KIMIちゃんが飲ませに行ったら(笑)?

KIMI:めっちゃこぼれそう......。

-ところで、「Get Over」はホントに"こういうのが作りたかった!"っていうのが滲み出てますよね。

美弦:作ったときに、"うわー!"って思いました(笑)。

-その気持ちはすごくよくわかります(笑)。では、各パートで特に"ここがやってて楽しかったとか、ここを聴いてほしい"というところはありますか?

KIMI:美弦が作ってくる曲はだいたいそうなんですけど、「Get Over」はハモりが多かったり。メロスピ系だとハモってる感じがすごく気持ちいいので、そこを聴いてもらいたいですね。

Misa:「Remedy」のギター全般なんですけど、弾いててめちゃくちゃ楽しいので、ギタリストはぜひ弾いてほしいです!

-そんな簡単に弾けるかな(笑)?

Misa:Bメロとかは、スクリームしながらやるので、ちょっとしんどいんですけど(笑)。一番ピロピロやってるところですね。

美弦:私は、「raider」(Track.2)が初めて7弦でやった曲なんですよ。なので、いつもと違う感じのリフになっているし音色もいくつも使ってクリーンとか多く重ねていて、今までにない雰囲気を出してる曲なので、そこを聴いてほしいです。

晴琉:今回の作品は「Get Over」以外、ユニゾン祭りなんですよ。ずーっとユニゾンしてて、"こんなにユニゾンする? これもやるの?"ってくらい(笑)。特に「Remedy」とか、ギターでも難しいって言ってるのをベースでユニゾンしてるから。

Misa:たしかに(笑)。後半ですね。最後のサビの前のところで、DREAM THEATER的な部分があるんですけど、それを弾きながら、"これ絶対ベースでハモってやったらカッコいいな~"と思って作って。でも、スタジオでいざ晴琉ちゃんが弾いてるのを見たらちょっと引きました(笑)。

一同:(笑)

晴琉:スタジオで"こんな感じだよね?"ってサラッと弾いたら、めちゃくちゃ笑われて(笑)。まぁ、そのパートはなんだかんだ楽しかったですけどね。他のところの方が実は難しかったりとか。とにかく、ユニゾン祭りなのでベーシストも楽しめます(笑)。ぜひ弾いてください。

一同:(笑)

-課題曲みたいになってますね(笑)。ドラム的には?

KAI:ドラム的には、やっぱり難しいところを聴いてほしいですね。

Misa:ざっくりしてる(笑)!

KIMI:EP全体では、「IGNITE」のみんなで"オイ! オイ!"って言ってるところと、個人的には「raider」のサビが息継ぎなしで(笑)、自分的にはいい艶感で録れたかなと思っています。