MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

FEATURE

BLESSTHEFALL

2015.10.13UPDATE

2015年10月号掲載

端正な美メロと闇を切り裂く咆哮、ダイナミックなヘヴィネスの融合。聴き手の心に全方位で訴える最新作!

ライター:井上 光一

2007年のデビュー作以降、ほぼ2年置きという安定したペースで良作をリリースし続ける、アリゾナ出身の5人組による通算5枚目となるニュー・アルバム。ここ日本へも幾度かの来日を果たし、人気実力ともに高いバンドだ。もう中堅どころと言えるキャリアを誇り、バンドの初代ヴォーカリストが、現ESCAPE THE FATEのCraig Mabbittであったという事実を知らない、という若いファンがいてもおかしくない程の年月は経っていると思うと、彼らのたしかな歩み、時流に流されない姿は、実に頼もしいものがある。今までがそうであったように、本作においても、BLESSTHEFALLというバンドに求められているであろうサウンドが、期待を裏切ることなく鳴らされているのだ。
 
アルバム冒頭を飾るTrack.1「Decayer」から、メタルコア譲りのヘヴィネス、力強いグロウルが炸裂し、端正な歌声で紡がれる美しいメロディが交差する――こういった音が好きな向きには抗えない快楽、愉悦を味わうことができる。バンドが最初期に提示していたスクリーモ的なスタイルは、ここ数作でよりメタルコア的なヘヴィネスへと移行して、本作も基本的なところはそれを踏襲しているが、前作(2013年リリースの4thアルバム『Hollow Bodies』)、前々作(2011年リリースの3rdアルバム『Awakening』)と比べると叙情的パートとブルータルな部分とのバランスはより洗練され、Track.3「Dead Air」のように、イントロで彼らが得意としている流麗なギターの速弾きを導入しつつ、全編クリーンな歌声で歌われるような曲も、説得力が格段に増したように感じさせる。この曲は、風通しの良いシンガロング必至のサビも含めて、おそらく新たなアンセムになり得るポテンシャルを持った楽曲であろう。上述したようなギターが、在りし日のTHRICEのようにサビの裏で流れるTrack.4「Up In Flames」、エレクトロ風の装飾音と歯切れの良いヘヴィなリフが融合したイントロがクールなTrack.6「Looking Down From The Edge」、現代を生きるバンドらしく、叙情的な打ち込みパートとエモーショナルなバンド・サウンドが融合したTrack.7「Keep What We Love & Burn The Rest」やTrack.8「Condition // Comatose」、メタル度数のかなり高いAメロから美メロへと切り替わる、これぞBLESSTHEFALLな表題曲Track.10「To Those Left Behind」、壮大でドラマティックなアレンジと繊細なメロディ、剥き出しの咆哮がラストを飾るに相応しい出来栄えとなっているTrack.11「Departures」......どんな曲であろうともメロディの良さが際立っているのが、このバンドの最大の強みである。彼らと同系統のバンドの中には、高いクオリティを持ったサウンドを鳴らしていても、平坦なメロディしか生み出せず、埋没していくバンドが多くいる。その中で、BLESSTHEFALLが本稿の冒頭で述べたような安定したキャリアを誇り、同業者からの高い人気を獲得しているのは、音楽に対する確固たる信念、絶対的な畏怖が、サウンドの、そしてメロディの強さに繋がっているからであろう。あえて言えば、目新しい要素がほとんど見当たらないという点でもって、批判することも可能ではあるが、鳴らすべき音、その核を大きく変化させることなく、スタイルを深化させ、バンド・アンサンブルに磨きをかけ、1音1音の説得力を高めていくようなタイプである彼らにとって、そのような批判は安易であり、あまり意味を成さないと私は考えている。時流に流されない、というのはつまりそういうことであって、BLESSTHEFALL流のヘヴィネス、エモーションが迸るメロディの詰まった本作は、懐疑的な批評などとは遠い場所で、聴く者の心まで届くであろう。

 

btf-j.jpg
BLESSTHEFALL
ニュー・アルバム
『To Those Left Behind』
[TRIPLE VISION]
TRVE-0118 ¥1,800(税別)
2015.10.14 ON SALE!!
 
amazon | TOWER RECORDS | HMV
 
1. Decayer
2. Walk On Water
3. Dead Air
4. Up In Flames
5. Against The Waves
6. Looking Down From The Edge
7. Keep What We Love & Burn The Rest
8. Condition // Comatose
9. Oathbreaker
10. To Those Left Behind
11. Departures
12. Condition // Comatose (Acoustic Version)※Bonus Track For Japan

  • 1