MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

NEWS

2020.10.23 20:00 | リリース情報

FIRE EX.(滅火器)、結成20周年記念アルバムが日本オリジナル企画で登場!後藤正文(アジカン)との共作楽曲、磯部正文(HUSKING BEE)作詞による日本語アレンジ楽曲など収録!

FIRE EX.(滅火器)、結成20周年記念アルバムが日本オリジナル企画で登場!後藤正文(アジカン)との共作楽曲、磯部正文(HUSKING BEE)作詞による日本語アレンジ楽曲など収録!

台湾パンク・シーンの先駆者、FIRE EX.(滅火器)がバンド結成20年の節目に日本独自企画の記念アルバムをリリースする!
 
同作は、互いに友情を深めてきたASIAN KUNG-FU GENERATION の後藤 正文(Gotch/Vo/Gt)と、コロナ禍、混迷する東アジア、世界情勢など今だからこそ共に歌う必要がある、と実現した日台夢の友情コラボ・ソング「The Light feat.後藤 正文」を収録。さらに、前作アルバム『Reborn』で巧みに言葉の語感を操りFIRE EX.の曲の魅力をさらに広げることに成功したHUSKING BEEの磯部正文(Vo/Gt)が今作では4曲の日本語作詞を担当し、自身も歌唱参加。これに2019年台湾にて発売された5枚目のアルバム『無名英雄 Stand Up Like A Taiwanese』の9曲を加えた、全14曲を収録。長くファンに愛され歌い続けてきた名曲が日本語詞となり、ここにバンドの最新楽曲も盛り込んだまさに20年の思いが詰まった前代未聞のアルバムがここに完成した!
 
もともと交流のあった後藤正文とのコラボレーション制作は急速に実現へと動いた。2019年に香港で勃発した反政府デモが大きな要因といえる。これは台湾と日本の問題でもある。現在(いま)立ち上がらなくては。「The Light feat.後藤 正文」は両者のポジティヴなメッセージに溢れている。必ずや互いの国を超えさまざまな国、人種の人たちに届く1曲となることを願って。そして結成から20年の記念盤は、あえてメンバー全員が第2の故郷だという日本で発売することを選択した!
 
FIRE EX.の20年の歩みは戦いの連続であった。北京語が常用語とされる今、台湾の歴史を風化させないためあえて台湾語で歌うことに拘り続けてきた。生まれ育った故郷が国として認められないという日本人には到底理解しがたい現実。"音楽は常に自由でなければならない"を合言葉に活動を続け、「島嶼天光」(邦題:この島の夜明け)が第26回金曲賞(ゴールデン‧メロディ)に輝き台湾を象徴するバンドとなった。FIRE EX.はこのアルバムを節目とし、日本と台湾のみならずアジアを繋ぐ架け橋として、21年目へさらなる歩みを始める!

 

▼リリース情報
FIRE EX.(滅火器)
結成20周年記念アルバム
『Unsung Heroes』
DDCB-11106.jpg
2020.12.16 ON SALE!!
DDCB-11106/¥2,273(税別)
 
1. The Light feat.後藤 正文
2. 無名英雄 Stand Up Like A Taiwanese
3. 生活革命 Revolutionize the Disgusting Life
4. 雙城記 City of Sadness
5. 一九四五 1945
6. 百年追求 Cycle of Freedom Soul
7. 少年家 Juvenile
8. 海の風 feat.磯部 正文 (海上的人 日本語 Ver.)
9. 海島冒險王 K2, We Too
10. 新歌五號 California Dream
11. 12月の君へ (十二月的妳 日本語 Ver.)
12. 航向遠方的船 Liberal Sailboat
13. 夜行バス (長途夜車 日本語 Ver.)
14. Keep On Going (繼續向前行 日本語 Ver.)
 
公式サイト:http://fireex.com.tw