MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NOTHING TO DECLARE

2019.07.01UPDATE

2019年06月号掲載

NOTHING TO DECLARE

メンバー:Mas(Vo/Gt) Yoshi(Gt) Masa(Ba) Mutsumi(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-そして、第3弾、第4弾と続くわけですけど、どんな曲調になりそうですか?

Mas:曲自体はあるんですけどね。

Yoshi:レコーディングは始まってます。

Mas:MVの画もなんとなくできてます。どこまで言っていいのかなぁ(笑)。

-第1弾、第2弾で両極の振れ幅を披露してくれたので、その間に位置するサウンドになりそうですか?

Masa:また違う方向に矢印があるかもしれないですね(笑)。

Yoshi:俺はNOTHING TO DECLAREっぽいと思ったけどね。

Mas:そうだね。お楽しみポイントとしては、毎月配信に合わせてリアルタイムで仕上げているんですよ。第3弾のヴォーカルはまだ録ってないので、ライヴで衝撃的なことが起きたら、それがそのまま反映されるかもしれない。それを想像しつつ、待ってもらえたらいいなと。5月にフィリピンのフェス("Uprising Wagayway Music Festival 2019")に出演してきたんですけど、それも何かしらの形で反映されると思います。

-焦らしますねぇ(笑)。

Mas:はははは、そうですね(笑)。

Masa:自分たちも"次は何がくるんだろう"って想像してほしいから。

Yoshi:少しヒントがあってもいいんじゃない?

Mas:第3弾はライヴを意識しました。

Mutsumi:より荒々しさを出しているというか。

Yoshi:そこまで言うと、わかっちゃうでしょ?

Mutsumi:いきなり地雷を踏んだ?

一同:ははははは(笑)。

Mas:第1弾、第2弾はオーソドックスな構成だけど、第3弾は僕らの持ち味でもある気持ち悪い要素も入れてます。第4弾はきれいな曲です。「Flashbacks」よりもキラキラしているかなと。

-エモ系ですか? MAEとか。

Mas:音はMAEの「The Everglow」に近いかもしれない。

Yoshi:あの時代のエモですね。第3弾、第4弾はよりいっそうNOTHING TO DECLAREのルーツに近いところが出てるかもね。

-楽しみにしてます。で、4ヶ月連続配信リリースを経て、バンドのこれからの動きというと?

Mas:今言えるのは、引き続き作品を作っていくし、やりたいこともたくさんありますから、これから進化していくんだろうなということですね。

-Yoshiさんが年内で脱退という発表もありましたよね。

Mas:そうですね。ただ、NOTHING TO DECLAREの活動は止めないので。

-ということは、Yoshiさんを含めた現体制ではこの配信が最後の音源になるわけですよね?

Yoshi:年内に何かがあるかもしれないですね(笑)。

Mutsumi:あの発表は、その期間中は全力で走り切るという意思表示でもありますから。

Yoshi:そのために脱退を先に発表したから、やり切りたいと思います。

Mutsumi:ある意味、Yoshiがくれたタイムラインでもあるから。このメンバーで走り抜けたときに何かが見えてくるのかなと。

Yoshi:12月に向けて走っているけど、来年、再来年に繋がるように考えてますからね。これがゴール地点ではなく、これから先に飛躍するための配信リリースでもあるから、今後も楽しみにしてもらえたらなと思いますね。


DIGITAL RELEASE INFORMATION

4ヶ月連続リリース企画第1弾
「Flashbacks」
MV公開中!
ピアノを大胆に導入した壮大なバラード!
Apple Music Spotify LINE MUSIC

4ヶ月連続リリース企画第2弾
「Another Light」
ストレートなメッセージと共に駆け抜ける
ロック・ナンバー!
Apple Music

OFFICIAL LINKS

公式YouTubeチャンネル Instagram