MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NOTHING TO DECLARE

2015.04.08UPDATE

2015年04月号掲載

NOTHING TO DECLARE

メンバー:Masa (Ba) Mas Kimura (Vo/Gt) Yoshi (Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-激ロックでは前作『Your Obsession』以来の取材になります。それ以降のバンドの状況から教えてもらえますか?

Mas:音源がないバンドから、音源があるバンドに変わったから、周りにも自己紹介しやすくなりましたね。あと、お客さんが曲を知ってライヴに来てくれるので、ライヴの運び方も変わってきたと思います。そういう意味で成長したなと。

-前作はライヴやリスナーのイメージがないまま、メンバーのやりたいことを放出した感じですか?

Yoshi:前作はライヴやツアーをするために音源がないと始まらないから、バンド活動の最初に音源制作を置いたんですよ。で、その曲たちもどんどんライヴ・アレンジに変わったし、それから成長して今に至る感じですね。

-逆に珍しいケースかもしれないですね。普通は結成後にライヴを重ねて音源を作る方が多いと思うんですが。

Mas:それは個々で培ったものがあるので、音源が先にあった方がいいだろうという判断ですね。

-そういう意味でも今作は前作と真逆の過程を経てますね。ライヴを重ねた後にできた音源なので。

Mas:ライヴをやるうちに全員が前に出るようになって、この『We Stand Alone』もラストのサビは全員で主旋律を歌ってるんですよ。それはライヴで得た自分たちの見せ方ですね。

-以前はお互いに様子を見合っていたところも?

Mas:個々で立ち位置を探ってましたね。

Yoshi:NOTHING TO DECLAREの曲はこう見せなきゃといろいろ挑戦してたけど、結局元に戻りました(笑)。今までひとりひとりが培ってきたキャラをそのまま全面に出した方がいいだろうと。それで持ち味のシンガロング・パートが増えたんですよ。

Mas:曲を書くときも完全にライヴを意識するようになりました。前作は面白い音源という意識で向ったので、ライヴの再現が難しかったり、初めて聴くお客さんにはわかりにくい面もあったかもしれない。今回はもっとお客さんとの距離を縮められるような、1度聴いたらグッと入る曲調を意識しました。

-全員が前に出るようになったと言ってましたが、メンバーみんな実は目立ちたがり屋だったとか?

Mas:そうですね(笑)。お互いに高め合えるし、バンドの方向性にとらわれて、足元がガクガクするのは嫌ですからね。まず自分たちがやって無理のないプレイを心がけました。個人的にいいところを伸ばしたいタイプの人間で、"ヘタクソ!"って言うより、"これを持ってるなら、そこをもっと出そう"みたいな意識ですね。だから、まだライヴはヘタクソだけど、気持ちよくやれてます(笑)。

-いいところを伸ばすというのは?

Mas:みんなシャウトができるので、今回はシンガロング・パートを全面に出すようになったし。ベースはすごく安定感があるので、Track.2(「Homecoming and Rough Landing」)はベースでグイグイ引っ張ってるし、出せるものをどんどん出そうと。

Yoshi:ライヴの話をすると、自分は超目立ちたがり屋なので、率先して盛り上げる役目をしていて。そういう意味でもバンドのバランスが取れてるかなと。曲作りはMasが担当してるから、彼がリードしてるし、役割分担は明確になりましたね。そこも民主的に進めているから、心地良さに繋がっているのかなと。

-曲作りはどういう形で?

Yoshi:Masが持ってきた曲に対して、スタジオでいろいろと編曲の部分に僕らは携わる感じで、曲の核は彼が握ってます。

Mas:Track.1の「The Path(of the righteous man)」は昔からライヴのイントロに使っていたもので、それに音を付け足したんですよ。

Yoshi:「We Stand Alone」(Track.3)は去年の5月ぐらいからライヴでやってる曲で、今までの中でも1番好きな曲ですね。最初に曲を聴いたときもお客さんとの掛け合いが想像できたし、ライヴで盛り上がるだろうなという印象があったから。

Mas:「We Stand Alone」をメインにして、「The Path(of the righteous man)」を作品のイントロに持って来て、真ん中に深みのある曲(「Homecoming and Rough Landing」)が欲しかったので、また違うテイストを入れてみました。

Yoshi:もう1曲あったんですけど、スロー・テンポで合わなかったので、この3曲でいこうと。シングルだし、10分ぐらいでバババッといきたくて。

Masa:この3曲でドラマティックな起伏もあるから、これに4曲目が来たら場違いかなと。

Mas:フランス料理の後に饅頭出てきたみたいな(笑)。それはまた次回ですね。

-表題曲「We Stand Alone」は自分たちで立つみたいな意味合いだと思いますけど、どんな思いを込めているんですか?

Mas:僕の話になりますけど、5年前に日本に帰って来たんですけど、3歳からずっとシンガポールにいたんですよ。こっちに帰って来ると、向こうと同じように音楽ができない、音楽をやるスペースもメンバーもいない。日本人のくせに、私生活でもカルチャー・ショックを受けてしまって。