MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Jupiter

2018.08.07UPDATE

2018年08月号掲載

Jupiter

メンバー:KUZE(Vo) HIZAKI(Gt) TERU(Gt) RUCY(Ba) DAISUKE(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-今作の中で「Theory of Evolution」は、唯一ほぼ日本語詞で勝負してます。

HIZAKI:日本語が持ってるニュアンスを大事にして、歌詞も言葉が持つ音を優先している部分があります。英語だと、もっと詰まった感じに聴こえるけど、そこは日本人らしさを出したかったので、日本語にしようと。

-プログレ風味もパートも和の雰囲気を感じました。

HIZAKI:あぁ、そうですね。そこは和風な音階にしてみました。

RUCY:先ほどキーが変わったという話をしてましたけど、メロディも以前と違って新しい印象を受けました。デモの段階で選曲会があったときに、表題曲は絶対にこれがいいなと思ったんです。

DAISUKE:この曲は常にマラソンですね。パワフルさと速さを売りにしているから、ライヴを意識してアレンジしました。まあ、それは全曲に言えるんですけど、ツーバスの部分もよりパワフルにかっこ良く叩こうと意識しました。

-「Theory of Evolution」の歌詞は、ここに辿り着くまでのバンドの心境を綴っているのかなと感じたのですが。

HIZAKI:意味はどうにでも捉えられるように考えてますね。恋愛や日常生活の悩みにも置き換えられるようにして、そういう人にも届くように心掛けてます。それは歌詞だけではなく、曲やアレンジもそうですね。すごくプログレッシヴなものが好きな人、ストレートが好きな人もいると思うので、すべてに引っ掛かってもらえるように意識してます。

-メロディは勇壮であり、明るく開けた力強さに漲ってますね。

KUZE:いろいろやってみたいけど、まずは背伸びをせずに自分がやれることをやろうと。だから、少しずつ進歩していけたらいいなと思いますね。

-「Bring me out」の作詞作曲はKUZEさんですよね。

KUZE:だいぶアレンジしてもらったんですけどね(笑)。ヘヴィ・ロックも好きなので、その中にクラシカルなニュアンスのある歌メロを乗せたくて。アレンジしてくれたら、それがうまくハマッたので、狙いどおりにできました。男らしいけど、ちょっと懐かしい様式美系の雰囲気も入れたかったんです。

HIZAKI:この曲はリフを5秒聴いただけで採用になりましたからね。

TERU:笑いが起きましたからね、クサクサだなって(笑)。始まって5秒でガシッと掴まれました。

DAISUKE:ラウド・バンドのころにやっていた経験を生かして、より重厚さが出るように叩きました。

-そして、「Angel's wings」は作詞がKUZEさん、作曲はHIZAKIさんですね。

HIZAKI:もともとあった曲なので、KUZEさんが歌ったらどうなるかなと思ったけど。よくここまでやってくれたなと思いましたね。

DAISUKE:ああいうシャウト系は初めて?

KUZE:初めてですね。Aメロのああいう声は出したことがなかったので、ドキドキしました。メロのパターンもみんなで作れたので、それも良かったですね。

-これはライヴでブチ上がれる曲ですね。

HIZAKI:そうですね。メタル好きにもしっかり伝わるだろうし、今のヘヴィ・ロックが好きな人にも届くかなと。

RUCY:スピードは速いけど、演奏しても聴いても気持ちいい曲かなと思います。

TERU:この曲は2本のギターをどこまで合わせるかが肝でした。あと、ギター・ソロは叙情的なメロディにしたくて、そこは聴きどころかなと。

DAISUKE:ほかの2曲は疾走感があるけど、この曲は......何メタルだろ? 今までのJupiterにはなかった感じも出てるかなと。

-懐かしいメタルの匂いもしますよね。

HIZAKI:そうですね、モロにARCH ENEMYみたいな(笑)。

DAISUKE:海外に行ったときには必ずやりたい曲ですね。

-では、今後の予定を教えてもらえますか?

HIZAKI:年明けにはアルバムを出したいなと。早いペースで活動したいし、すぐに作れそうな気がするんですよ。このメンバーだったら、ライヴをやればやるほど成長できるんじゃないかと思っています。