MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Jupiter

2018.08.07UPDATE

2018年08月号掲載

Jupiter

メンバー:KUZE(Vo) HIZAKI(Gt) TERU(Gt) RUCY(Ba) DAISUKE(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-RUCYさんが加入した経緯は?

HIZAKI:ベースは散々探したけど、いいと思う人が見つからなくて。知り合いに"ヴィジュアル系の上手い子がいたら紹介して"と言ったら、RUCYが最初に来たんですよ。

-RUCYさんはまだ若そうですね。

RUCY:今、22歳です。

HIZAKI:音も聴かずに、"入って!"と勢いで言いました(笑)。ベースも聴かず、スタジオにも入らず。

-そうなんですか!

RUCY:Jupiterはキャリアもあるし、最初はひとりで尋常じゃないくらい緊張してました。前のバンドはDjentみたいな要素も入れてましたけど、このバンドもメタルという部分では通じるところがあるので。

HIZAKI:今の体制でライヴの反応もすごくいいですからね。5年やってきたメンバーが抜けたから、精神的なショックはありましたけど、RUCYが引っ張ってくれた感じもありますし。

-現5人体制になって、一番大きく変わったところは?

HIZAKI:キーが変わりました。今までハイトーン・ヴォーカリストとやったことがなかったので、曲の作り方も変わりましたね。鼻歌で作ると、普通の男性ヴォーカルだと高すぎることがあるけど、鼻歌でも出ない高さで歌ってくれますから。特に1曲目の「Theory of Evolution」は、KUZEさんのキーに合わせて作りましたからね。ヴォーカルがここまで高く歌ってくれると、ギターも自由にできるし、ストリングスも自由に入れられるんですよ。メタルにハイトーンが多いのはそういう理由なのかなと。

-今作には、以前から作っていた曲も入っているんですか?

HIZAKI:「Angel's wings」はそうですね。

-ほかの2曲は今の体制を踏まえて作った曲ですか?

HIZAKI:そうです。「Bring me out」はKUZEさんが作った曲なのですが、ヴォーカルなのにギターも上手いんですよ。 KUZE:リフ命ですね(笑)。もともとギターをやっていたので。

HIZAKI:そのリフも癖が強すぎて、僕とTERUは弾けなかったですからね。独特なんですよ。レコーディングでも諦めましたもん(笑)。

TERU:僕も弾けなかったのでアレンジしました。


日本を代表するメロスピ・バンドになりたい


-今回は、再出発の第1弾みたいなところは意識しました?

HIZAKI:「Theory of Evolution」は意識しましたね。5人の持ち味を最大限に出したくて。ギター・ソロもどっちがメインでもいいようにやってるし、なかなかこういうソロの作り方をするバンドもいないかなと。ハモリもあるけど、どっちがメインでも大丈夫という作りで。

TERU:自分が聴いて育ってきた音楽が出てるかなと思います。RHAPSODY OF FIRE、HELLOWEENとかにかなり近づいた気がして。ここまでやってきて、そこに到達したことに変な運命を感じるというか。いろいろやってきたのにルーツに戻っている感覚があって。今はいろんな音楽があるけど、メロスピが好きな人にしっかり届けたいなと思ってます。日本を代表するメロスピ・バンドになりたいですからね。

-「Theory of Evolution」は、その色を強く出そうと。とはいえ、中盤あたりにプログレッシヴなパートもありますよね。

HIZAKI:ですね。自分ではまったく意識してなかったけど、気づいたら変拍子になってました。

-ただ、プログレ調の展開はありつつ、曲全体としては今のJupiterの王道というか、直球ソングですよね。

HIZAKI:そうですね。あと、音楽をずっとやってると、外国人コンプレックスみたいなものがあって。海外には敵わないと思っていたけど、DAISUKEのドラムはもはや外国人みたいだし、KUZEさんのパワフルさ、キーの高さも海外に引けを取らないと思うので、世界と闘える自信がつきましたね。