MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Mardelas

2018.05.11UPDATE

2018年05月号掲載

Mardelas

メンバー:蛇石 マリナ(Vo) 及川 樹京(Gt) 本石 久幸(Ba) 弓田“HOT”秀明(Dr)

インタビュアー:杉江 由紀

-それだけに、今作中にはいろいろなかたちの濃厚なヒューマン・ドラマを感じさせる楽曲たちが満載です。曲調としてもかなり多彩な仕上がりとなっていますが、それでもおおよそ大半の曲にはヘヴィ・メタルのエッセンスがふんだんに取り入れられているのも、Mardelasの作品としての大事なところになりそうですね。

及川:もはや、曲作りをしている段階でそのことはほとんど意識していないですけどね。そこはきっと、自分の持っているボキャブラリーの中でこれまで一番長く親しんできた音楽が最も表に出やすいということなのかもしれない。

蛇石:メンバー4人の好きな音楽は、それぞれちょっとずつ違うんですよ。でも、バックグラウンドの部分で共通しているのが結局"そこ"なんでしょうね。特に打ち出そうと思わなくても、この4人が揃えば自然とこうなるという部分が一本筋を通すかたちで、このアルバムには多く詰め込まれたんだと思います。

及川:5曲目の「Rock On!」なんかも、それぞれ通ってきたハード・ロックの王道な部分がそのまま出た感じだしね。自分で曲を作った時点でも、これはきっとSKID ROWみたいなLAメタルっぽい雰囲気になるだろうなということは予測できてましたよ。

-なお、「Rock On!」といえば取材用資料に記載されている"この曲ではカウベルの代わりにフライパンを使って音を出している"という逸話は本当なのですか?!

弓田:それがホントなんです(笑)。以前、ライヴをやるのにカウベルを持っていき忘れてしまったことがあって、苦肉の策で現場のライヴハウスにあったフライパンで代用させてもらったことがあったんですよ。結果的に言うとその音がめっちゃ良かったので、なんとかお願いしてそのままフライパンを譲り受けまして、今回のレコーディングでも使わせてもらいました。ちなみに、銘柄はT-falです!

-T-falはお料理をするのにも優秀で個人的に長く愛用していますけれども、まさかカウベルよりいい音が出るとは知りませんでした。

及川:かなり使い込んだフライパンだから、またその具合が良かったのかもね(笑)。

-今作にはそのほかにも数々の名曲が収録されていますが......ここで、メンバー個々の観点による"今作中の特筆すべき推し曲"を挙げてみていただくことはできますか?

本石:どれも推せるんですが、強いて言えば僕は4曲目の「Deception」ですね。デモの時点で最高にカッコ良くて、これがリード・チューンでも良かったなと思うくらいです。

及川:ありがとうございます。これは歌詞が"ホストである及川樹京"のことを描いたものでもあって、結構ドキッとするような内容になっているんですよね。

蛇石:非常に大胆でダーティな歌詞にはしてあります。

及川:だからかなー。この詞はいろいろと共感できるところがありました。だから、僕も一番の推しは本当はこの曲なんですよ(笑)。でも、被らないのを選ぶなら6曲目の「On The Lam」かな。昔の日本の歌謡曲っぽいオトナな雰囲気が妙にいいんですよ。

蛇石:あー、ソレ今度は私が被った! 私の中では、これは井上陽水さんのイメージで作った曲でした。

弓田:うーん、俺はどれにしようかなぁ。でもやっぱり、さっきも話題に出た「Rock On!」ですかね。叩いていてすごく気持ちイイ曲でした。フライパンもうまく使えたし(笑)。あとはリスナー的視点だと、もっさん(本石)のスクリームが生きてる「No One」もオススメです。

-それから、これは歌の入っていないオープニングのインストゥルメンタルとなりますが、「Mardelas the THIRD」も今作を語るうえでは欠かせない存在ですよね。"太陽にほえろ!"や「ルパン三世のテーマ」などを彷彿とさせるスリリング且つダイナミックなサウンドが粋ですし、本編への期待を素晴らしく高めてくれる1曲かと。

本石:これいいよね。作るのにいろんな曲を聴いたんでしょ?

蛇石:"太陽にほえろ!"もそうだし、"名探偵コナン"、"007"、"ミッション:インポッシブル"とかのいわゆるディテクティヴものとかスパイものの音楽をあれこれ聴いていたら、ある日突然この曲が舞い降りてきて(笑)。そして、銃声やサイレンを入れつつタイトルは"ルパン三世のテーマ"をもじって付けました。

-それにしても、これだけ隙のない大傑作に仕上がった『Mardelas Ⅲ』を聴いていると、この4人のキャラクターたちの運命がここからどうなっていくのかも非常に気になります。聴き手側としては、つい続編を期待したくなってしまいますよ。

蛇石:今後ライヴの場で『Mardelas Ⅲ』の世界をいかに表現していくのか? ということも私たちにとっては重要なことなんですが、せっかくなのでこのヒューマン・ドラマの"その先"も......いずれまた描いてみたいなという気持ちはたしかにありますね。