MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Does It Escape Again × uijin

2017.10.16UPDATE

2017年10月号掲載

Does It Escape Again × uijin

Does It Escape Again:YUTA(Gt)
uijin:ありぃ
インタビュアー:吉羽 さおり

関西発の変則カオティック・ハードコア Does It Escape Againと、neo tokyoをコンセプトに様々なカルチャーを織り交ぜたtokyoを表現するアイドルuijinが、スプリット作『Ceremony of khaos』をリリースする。異色の組み合わせでありつつ、互いの方法で"カオス"を表現するもの同士でもあり、これが初タッグながら、いい化学反応を生んでいる。新曲、互いのカバー、合作というスプリット作品ならではの構成でいて、単なるラウド・ミーツ・アイドルな図式ではない、それぞれのプライドも窺える作品だ。作品について、またお互いについて、今回はYUTA(Does It Escape Again)とありぃ(uijin)に話を訊いた。

-今回はどういったきっかけでスプリット作品をリリースすることになったんですか。

ありぃ:uijinの運営の方が、Does It Escape Againさんと昔からお付き合いがあって。前々から、カッコいいバンドだから聴いてみて! みたいな感じで、音源を聴か せてもらったり、MVを観せてもらったりしていたんです。ぼくもカッコいいなと思っていて。そういうきっかけで実現したスプリットですね。

-YUTAさんは、uijinのことは以前から知っていたんですか。

YUTA:知らなかったんです。連絡をくれたときは活動が止まっていたんですけど、ちょうど活動再開しようというタイミングで(※約1年の活動休止を経て、今年2月に再開を宣言)。一緒に何かやれたら面白いよねって話になったんです。じゃあ、一緒に出す? ってことになって。uijinのライヴを観に行ってみたら、これは面白そうやなと思って、やりましょか、と。

-バンドとしても復活をしたばかりでもあるから、このスプリットがまたひとつの勢いにはなりますね。

YUTA:そうですね、面白いかなっていう。

-普段、YUTAさんはバンドのライヴを観ることがほとんどだと思うんですが、uijinのライヴ、アイドルのステージっていうのは率直にどう思いましたか。

YUTA:新鮮で面白いですね。自分が今まで観てきたものと違うから、"おぉ!"ってなるし。お客さんが純粋に楽しんでいる感じも清々しくて、音楽的なところでも、自分が思っているアイドル像と違って多種多様という感じがするし。アイドルも模索してやっているんだなというか、親近感が湧くというか。みんな結構、いろいろ思ってるんやなっていう(笑)。

-ありぃさんは、Does It(Escape Again)のライヴは見ているんですか。

ありぃ:実はまだ拝見していなくて、昨日もライヴでしたよね。

YUTA:うん。

ありぃ:行きたいと思っていたんですけど、ソールド・アウトしていて。なかなかタイミングが合わなくて申し訳ないです。

YUTA:全然。いつでも出張します。

-(笑)カッコいいバンドだとスタッフから聞いていて、実際に聴いてみてどういうバンドだと思いましたか。

ありぃ:ぼく好みの感じだったんです。前から音数が多いのが好きで。

-以前好きなバンドに9mm Parabellum Bulletなどを挙げてましたね。

ありぃ:展開が多いバンドが好きなんです。なので聴いたときに"これはぼくが好きな人たちだ!"って思いました。

-今回は、それぞれ新曲を1曲ずつ、Does It Escape Againは「Beyond youth」、そしてuijinが「witness」を収録していますが、スプリットということで、特に意識したことはありますか。

YUTA:カバーの音源についての方が、俺らは意識しましたね。新しい音源に関しては、鮮烈やったらいいかなっていう。

-はい、だいぶ鮮烈な曲です(笑)。

YUTA:やっていること自体がわりと、変というか、異色というか。前のEP『afraid』(2017年4月リリース)よりも"やったろうかな"というのは思ってました(笑)。『afraid』は特に、シンプルにしまくっているというか。リリースしたときに、これはこれでいいんかなと思いながらも、もうちょい出せるよなって思い始めて。今回こういう機会があったから、"きた、きた! 展開多くするでしょ"みたいな。