MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

uijin

2017.07.03UPDATE

2017年07月号掲載

uijin

メンバー:ありぃ ひとちび やよい りん

インタビュアー:高橋 美穂

-また、"neo tokyo"っていう新しさを感じるコンセプトと、"uijin"という昔からある言葉のグループ名のギャップが面白いですよね。衣装や楽曲にも、その極端な組み合わせが個性となって表れていて。

ありぃ:たしかに、何にもとらわれてないよね。

やよい:ジャンルとかも定まってないよね。

ひとちび:いろんなカルチャーが混ざり合ってる感じ。

ありぃ:混沌としてますね。

-そこも東京っぽいんですよね。楽曲も展開が多くて。「meltdown」(Track.3)とか、特にすごいですね。どうやって踊ってるんだろう? っていう。

りん:デビュー前に詰めて、練習しました。

やよい:曲も難しいから、振りも難しくって。

-歌も難しそうですよね。「colorful」(Track.8)はピッチが高いじゃないですか。

やよい:リズムも難しいんですよね。

-また、「maybe memories」(Track.9)はめっちゃ速い。

ひとちび:アップテンポですね。

ありぃ:曲のテンポは速いのに、歌はゆっくりだから、すごくリズムが取りにくい。

やよい:ダンスもバキバキだしね。

ひとちび:一番踊る曲だと思います。

ありぃ:「colorful」も「maybe memories」も、お客さんがついてこれないっていう(苦笑)。

-ですよねぇ。でも、1回ノリを覚えると気持ちよくなるタイプの曲ですよね。

やよい:お客さんもそう言ってくれてますね。

-だから、踊ったり歌ったりするだけでも大変だと思いますけど、みなさん自身が歌詞も書いている曲が多いじゃないですか。

やよい:私はもともと音楽の勉強をしていて、曲も作っていたんで、それで"書いてみないか"って言ってもらいました。

ひとちび:歌詞は、だいたいふたり(やよいとありぃ)が書いてくれてるんですけど。

ありぃ:ふたりの合作もあるんです。

-「2020(#BFF)」(Track.10)ですよね。どうやって書いていったんですか?

やよい:その曲、難しくて。音数も多いし、どう言葉をハメたらいいのかわからなくて、書ける部分を投げ合いながらやっていきました。

ありぃ:最初にやよいちゃんが書いてくれたんで、やよいちゃんが書いてくれたことを解釈して、僕もこういうテイストでって、お互い合わせあって書きました。

-ユーモアも入れつつ、パワフルな歌詞になっていますよね。

やよい:"neo tokyo"っていうテーマが決まっていて、それをもとにふたりでふざけた感じも入れて書きました。

-"お寿司が食べたいの/わさびはダメダメよ!"とか(笑)。

ありぃ:そこはやよいちゃんです。

やよい:そのときにお寿司が食べたくて(笑)。