MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

FATAL FE

2016.11.02UPDATE

2016年11月号掲載

FATAL FE

メンバー:Ilya 'Fatal' Korovin(Gt/Electronics) Dmitriy 'Ray' Rachkovich(Vo)

インタビュアー:山本 真由

FAIL EMOTIONSの3rdアルバム『Renaissance』リリース時のインタビュー(※2014年7月号掲載)で、DJ FATALがソロ・プロジェクトで制作中という話も出ていましたが、なぜ今回、ソロのサイド・プロジェクトとしてではなく、FAIL EMOTIONSを離脱し、別バンドを始動させることになったのでしょうか?

Fatal:FAIL EMOTIONSの現メンバーの正しくない行動により、別バンドを始動させたんだ。バンド名を盗まれてしまったという表現が正しいかもしれないね。

-いつごろからFATAL FEの活動を始め、今作『New Horizon』の制作に着手したのでしょうか?

Fatal:FAIL EMOTIONSとは関連のないトラックをリリースするために、2009年から始めていたよ。

-メンバーのFatal、Ray、Roman "Tamagotchi" Bryzgunov(Dr)はFAIL EMOTIONSで活動していたメンバーですが、ベースのDenis Chernovはいったいどんなキャリアの持ち主なのでしょうか?

Fatal:DenisはUNDER THE SCYTHEというバンドで長年活動していて、いろいろなことを経験しているよ。彼がFATAL FEに参加してくれたことを本当に嬉しく思っているんだ!

-Fatalが中心となって楽曲制作をしているのでしょうか? メンバーの役割分担や作曲のプロセスについて教えてください。

Fatal:このアルバム『New Horizon』のレコーディングやミックスはすべて僕が手掛けているよ。作曲に関してはTamagotchiとペアで行っているんだ。曲のベースの部分はDenisが手掛けていて、作詞はヴォーカルのRayが担当しているよ。

-今作『New Horizon』は、音楽性的にはFAIL EMOTIONSの方向性を変えないまま、トランスやダブステップなどエレクトロの要素がより洗練され、ヘヴィな部分も聴きやすく、ダンス・トラックとして進化しているように感じました。ご自身では今作をどう評価していますか?

Fatal:ありがとう! FAIL EMOTIONSでもダンサブルなパートは僕が担当していて、プログレッシヴな部分はTamagotchiが手掛けてきたんだ。FAIL EMOTIONS伝統のサウンドを保持できていると思うよ。

-"New Horizon"というタイトルもそうですし、新しい何かが始まることを予感させるような楽曲が揃っていますが、今作のテーマを教えてください。

Fatal:タイトルは、2015年に初めて冥王星に到達した宇宙ミッション"ニュー・ホライズンズ"から引用したものだよ。もちろん、そのタイトルはシンボル・ネームでもあって。FAIL EMOTIONSで8年間活動をしてきたけど、今のFATAL FEは強く団結力もあるんだ。

-YouTubeではすでに新曲が公開されていますが、ファンからの反応はいかがですか?

Fatal:みんなからの反応は様々だけど、ほとんどの反応がポジティヴなものだよ。