MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SABANNAMAN

2015.06.18UPDATE

2015年06月号掲載

SABANNAMAN

メンバー:吉田涼 (Vo) 上田雄 (Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-今回は初のアルバムになりますけど、何か考えたことはあります?

吉田:今回のアルバムに関しては作ると決まったときに全然曲がなくて。持ち曲は8曲ぐらいだったから、そこから速攻で作りました。週2、3でスタジオに入って、バーッと作った感じです。だから、アルバムのコンセプトもなく、必死で作りました。

-てっきり結成からこれまでの集大成みたいな1枚だと思ってました。自分たちでアルバムの仕上がり具合はどうですか?

上田:めっちゃいいなと思います。売ってたら、普通に買いますね(笑)。Stevie Wonder、レッチリとか大御所にも並べるんじぇねえかなって。

吉田:はははは。できあがったときの達成感もあったし、ちゃんとしたレコーディングも初めてだったけど、いいものができたなと。

-ミニ・アルバムとか他にも選択肢はあったと思いますが。

吉田:それはレーベルの社長(中村ゴウ)の意向ですね。俺ら的には最初にミニを出すとか、それすらもよくわかってなかったから。次どうしようかなって。

-今回、HAWAIIAN6が立ち上げたレーベル"IKKI NOT DEAD"から出すことになった経緯は?

吉田:社長が俺らのライヴを偶然観てくれて、それから出すことになりました。最初は出せるなんて思ってもいなかったです。

ゴウ:2、3年前かな? ネットで見つけたんですよ。audioleafに音源を上げてて、それを聴いたときに引っかかって。で、いろいろ調べたら、ライヴがあるというんで、こっそり観に行ったんですよ。そしたら、こいつ(吉田)が俺の顔を知ってて(笑)。

吉田:そうっすね。ゴウさんはSNSとかで顔も認知してたので。ライヴしてるときに後ろにゴウさんがいると思って、ライヴ後に速攻で話しかけにいきました、"ゴウさんですよね?"って。高校のころにHAWAIIAN6のコピバンもやってましたからね。

-まさか自分たちがHAWAIIAN6のレーベルから出すとは思わなかった?

吉田:ヤバイっす。夢みたいですね。すげえ嬉しかったです。HARDCORE FANCLUBも大好きなので。SABANNAMANやり始めたころから"IKKI NOT DEADから出せたらいいよね"と話してましたからね。

上田:ああ、言ってたね。

-そして、今作は快速東京などもやられてる赤石さんをプロデュースに迎えてますね。

吉田:スタジオにも来てくれて、レコーディング前にもおすすめの音源を教えてくれたり、曲に関してもいろいろアドバイスをくれました。レコーディングにも毎日来てくれて、がっつり関わってくれました。

上田:ヴォーカルはここはダブルにした方がいい、OKテイクも自分たちで選べないときは速攻で選んでくれて、アドバイザー兼プロデューサーみたいな感じでした。

吉田:ほんとに一緒に作ったような感じですね。

上田:あと、ギター・ソロを増やされました。"ここもっといけるでしょ!"って。

-音源自体にライヴ感もすごくありますね。

上田:レコーディングもクリック使わない方がいいなと。ぎこちなくなることが多いし、全部クリック使わず、その場のノリで録っちゃいました。

-曲調も多彩だし、作品トータルの流れもいいですね。

吉田:曲順はメンバー、ゴウさん(レーベル社長)、赤石さん(プロデューサー)、みんなでめっちゃ考えました。曲のバランスもよくないといかんと。ライヴでやっていた曲にプラスして、こういう曲調があったらいいな思って作りました。