MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

SABANNAMAN

2016.09.12UPDATE

2016年09月号掲載

SABANNAMAN

メンバー:與那城 直記(Dr) 糸数 航平(Ba) 吉田 涼(Vo) 上田 雄(Gt)

インタビュアー:山本 真由

-今年も多くの夏フェスに出演したSABANNAMANですが、昨年に引き続き出演した今年の"FUJI ROCK FESTIVAL"(以下:フジロック)では、憧れのRED HOT CHILI PEPPERS(以下:レッチリ)と同日の出演ということで、昨年以上に楽しめたんじゃないでしょうか?

上田:楽しかったです! 出演が決まったときは泣きました。憧れのレッチリを最前で観ることもできましたし、今までで最大の大舞台ということもあって、めっちゃ緊張しましたけど、最高な1日でした。

糸数:憧れのレッチリも観れましたし、去年より長い時間滞在できて存分に楽しめました!

吉田:"レッチリと対バンしてー"とか、メンバーでよく冗談を言ってたんですけど、本当に実現しちゃったんで"なんだコレ!?"ってなっちゃいました! スゲェなって。まー、対バンとは違うけど(笑)。今年のフジロックは全力で楽しんで、遊びまくりました!

與那城:"緊張"と"楽しみ"って感情がごっちゃになって、生まれて初めてステージに立ったみたいなよくわからない気持ちでした(笑)。モチベーションはかなり高まりましたね!

-今回のフジロックは、昨年、応募総数1,000組の中から選ばれ"ROOKIE A GO-GO"に出演した15組のアーティストの中から、さらに投票で選ばれた1組ということで、注目度も高かったと思います。ライヴの手応えや反響はいかがでしたか?

吉田:手応えはめちゃくちゃありましたね! 反響も結構あったんで嬉しかったっすね。フジロックってお客さんのレベルがかなり高いと思うので、そこで認めらたのは光栄だなって。自分らの音楽はまだいけるし、やっぱりカッコいいことやってるって再確認できました。

上田:ライヴではモッシュやダイヴも起こってて、SABANNAMANの良さが伝わってると感じました。俺ららしいライヴができたと思ってます。

糸数:ほんとにアホみたいなひと言ですが、ライヴが終わってから"最高!"って思いました。あんなに大勢のお客さんの前で演奏するのは緊張しましたが、やっぱり楽しかったです。

與那城:その日は朝一の出演時間だったので、リハーサルのときとか"本当にお客さん来てくれるのかな......"と、かなり不安でしたが始まると大勢の人が見に来てくれていて、全然違う景色でした! 手応えはあったと思います!

-この夏、他に印象に残ったライヴはありますか?

吉田:"八食フリーサマーライブ"と"京都大作戦"にも出させてもらったんですけど、最高でした! たくさんの人が見てるステージに立たせてもらって、ちょっと意識も変わった気がします。

上田:"八食フリーサマーライブ"では、俺らが出た日はずっと雨が降ってて、初めて雨の中ライヴをやりました。それがまた最高に楽しかったです。

-そんなライヴ活動も積極的に行いつつ、今回、新作ミニ・アルバム『Psychedelic Sox Funk』のリリースということで、おめでとうございます。レコーディングはいつごろ行われたのでしょうか?

吉田:7月の終わりから8月にかけてですね! シングル(2016年4月リリースの1stシングル『Jesus My Teacher』)のツアーが終わって、フジロックに行ってすぐだったんで、かなりタイトなスケジュールでしたね。死ぬかと思いました。

上田:ライヴもいろいろと重なってて、めちゃくちゃ疲れたのは覚えてます。

與那城:ライヴをやりながらの曲作りやレコーディングはほぼ未経験だったので、完成するまで日々焦ったというか、落ち着きませんでした(笑)。

-今作のジャケットを見た瞬間、1stアルバム『Magic Mutant』(2015年リリース)収録曲「Gnus On Parade」の歌詞に出てきた"ヌーの大群"のことかな? と思ったのですが、今作もヌーの大群のごとく攻撃的なビートや、ハードコアの要素がふんだんに盛り込まれた作品となっていますね。

吉田:そこから来てますね。でもジャケを作るときにこのヌーの写真を見つけて、なんとなく勢いがヤベーッてなって、直感的に決めました。今回も結構いろんな要素を混ぜられたなって思います。

糸数:ハードコアの要素は、やっぱり"やってて楽しいな"ってなります。

上田:ハードコアっぽい要素もありますけど、根底はファンキーにロックしてる感じだと思います。悲しい曲もあればすげーバカっぽい曲もありますけど、全部ヤベーです。

與那城:サバンナの動物でヌーが好きです!

-今回のアーティスト写真は、これまでの顔面が宙に浮いてる、ある意味サイケなものから、ハードコアっぽいモノクロ写真に変わりましたが、このヴィジュアル面での変化にはどんな意味が?

上田:あんまりわからないですけど、モテたいからですかね?

與那城:自分は意味を特に理解してないんですが、前のアー写も今のアー写もどっちも結構好きです!

吉田:ちゃんとしたイベントにも出るようになってきたんで、ちゃんとしたアー写にした方がいいなって思って(笑)。前のアー写はふざけすぎてましたね。フジロックとか京都大作戦で前のアー写が使われていたとき、恥ずかしいなって思いました。

-1stアルバム以降、ツアーなどで経験値も上がり、バンドの実力はもちろん、リスナーの期待値も上がってきているとは思うんですが、そういったプレッシャーの中で、制作面で難しいと感じることはありましたか?

上田:リスナーというよりも、単純にメンバー全員がすげー満足できるヤベー曲を全員で作るっていう感じだったので、なかなか進まなくて。"これ本当に間に合うかなー?"っていうプレッシャーの方が大きかったです。

與那城:"何がSABANNAMANらしいのか"というのはいつも考えていて、新しいものを生み出すときに"コレはありなのか? なしなのか?"みたいなことを以前よりもっと考えるようになりました。あとはツアーやライヴをしながらの制作は、"時間がもっと欲しい......"と思ってしまいます。

吉田:かなり悩んだと思います。期待値とかプレッシャーとかより、自分たちが納得できるものが作りたくて。今回はシングルのツアーをしながらだったので、時間がなくて焦ったりもしてました。でも最終的には、いろいろなことを経て、今しかできない音源ができたんじゃないかと思ってます。