MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

DIAWOLF

2015.06.15UPDATE

2015年06月号掲載

DIAWOLF

メンバー:SHOW OHARA (Vo) TORA AMANO (Gt)

インタビュアー:吉羽 さおり

-前回のインタビューでは、バンドの成り立ちやコンセプトについておうかがいしましたが、今回はEP『Rebellion』について、お話をうかがっていきたいと思います。そもそも、どのあたりの曲から、DIAWOLFとして作り始めたんでしょうか。

SHOW:Track.1「Rebellion」になるのかな? 最初はTORAに曲を作ってきてもらって、それがすごくいい感じの曲でやりたいと思ったんですけど。最初に出す曲じゃないのかなって思って。先に僕の持ってきた「Rebellion」を仕上げていったという感じです。

-がっつりとエレクトロ・サウンドがのった曲ですが、SHOWさんの作るデモというのは、どの程度まででき上がっているようなものだったんですか。

SHOW:シンセ以外の感じですね。最初はもっとベタな、メタルっていう感じで。

-そうですね、メタルやハードコアの匂いがします。デモを作ったときには、もうこんなふうなシンセを入れようとか、エレクトロ要素を入れたいというのでイメージしていたものはあったんですか。

SHOW:DIAWOLFとして、TORAと、僕らが10代のときに好きだったラウドロックみたいなものをやりたいっていう話をしていたときに、それならDJがいた方がいいよねっていう提案をしてくれて。

TORA:うんうん。

SHOW:それで、ラウド系やメタルも面白そうだねって言ってくれるDJを探したんです。tsuge(DJ T.tsuge.)さんという方なんですけど、結構いろいろとのっけてもらいましたね。

-tsugeさんとも"DIAWOLFはこういうことをやりたいんだ"っていう話をしたんですか。

SHOW:やっぱり、バンド・サウンドのことはよくわかっていたんですけど、EDM的な感じのものっていうのがあまり良くわかってなかったんです。最初は、EDMとダブステップが違うジャンルだっていうのも、よくわかってなかったんですよね(笑)。で、やりたいことを言っていったら、"ああ、ダブステなんだね"っていう。

TORA:いろんなアーティストの名前を出したり、いろんなEDMの曲をみんなで聴きながら、"こういう音色を使いたいね"とか話をしたりっていうのはしましたね。

-DIAWOLFとしては"バンド・サウンド"っていうところにこだわらなくてもいいっていうのもあったんですか。

SHOW:そこは逆に、バンド・サウンドを守るために、結構ディスカッションをしたという感じでしたね。やっぱりやろうと思えば、どんどんポップスになってしまうものでもあるので。"いやいやいや、それじゃテンション上がんないし"って思って(笑)。

-(笑)そこは、バンドとしてのビート感であるとか、バンド感や重厚感を大事にしたんですね。ちなみに最初に言っていた、TORAさんが作った曲っていうのは、今回のEPには収録されたんですか。

TORA:入ってないんですよね。わりとメロディが全編しっかりとあるような曲で。激しいけれどキャッチーな曲になったので。最初にこうやって、ミニ・アルバムを出すには、そこじゃない部分のほうを先に見せたいなって思ったので。なので、後回しにしてます。

-では、今回はルーツ的なところ部分でも際立った5曲並んだ感じですか。

TORA:ルーツもあるんですけども、まるっきりルーツのものをやってるだけではないですね。エレクトロ要素も取り入れるのは、自分たちの中で新しい挑戦で。まだ試行錯誤している部分もあると思うので。その中で、この5曲なんです。今、自分たちができる最高の形として出していこうという。

-DJの方と一緒に作りながら、段々とさじ加減みたなものも掴めてきたと思いますか。

SHOW:そうですね、一緒にやるうちにお互いの理解も深まって。で、一緒にやってるうちに今度は、どんどん自分でやりたくなってきて。シンセのソフトとかをどんどん買い出して(笑)。やり始めちゃってるところですね。

-楽しくなってきましたか(笑)。今までも、曲作りの方法としては作曲のソフトを使ってデモを作っていたんですか、それともわりとアナログな方法でもやっていたんですか。

SHOW:でも普通にLogicとか、ソフトは使ってましたね。メロディを打ち込んで、コード感とテンポを決めて、そこからだったので。そこはDJの人も一緒ですよね。でも昔のDJはみんな、レコードから素材を持ってきて切り張りしてたんですよね。そう考えると、今の人はわりとプロデューサーっぽい感じもありますね。

-そうかもしれないですね。ある意味では、音楽作りが気軽にもなっていて、うまくも作れちゃうからこそ、このバンドならではの自分たちの色や爪痕をどう残そうかっていうような試行錯誤もあったんですか。

SHOW:そうですね。僕らだけのものっていうのを追求して、DIAWOLFのライヴだったりサウンドじゃないと得られないような楽しさだったり、高揚感だったりを、見出してもらえるようにならないといけないなと思いますね。

-では、それぞれの曲についてもお訊きしていきます。Track.2「Heavenly Dark」はむちゃくちゃラウドなサウンドでいつつ、泣きのメロディがはまった曲ですね。

SHOW:これは、ゴシック・メタル寄りのことをやっとこうかなっていう曲で。「Rebellion」が結構、ニューメタルっていうか最近のメタルにEDMっていう、ちょっとチャラい感じだったんですけど(笑)。「Heavenly Dark」はゴシック・メタルにダブステップという感じで、MVで炎上がってそうな(笑)。古き良き感じで、テンションが上がるなあと。

-シンセもそうですが、ギターもかなり効いてます。どんなイメージで入れていくかはあったんですか。

TORA:これはSHOW君が持ってきたデモを、もうちょっとヘヴィにというか細かくギターを入れていきたいなということで、自分なりのアレンジを加えていった感じですね。オーダーは特になかったかな。俺が弾くのならっていうのは出していきたいので、わりとフレーズを細かくしてみたりとか、そういう作業はしました。